メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米国立公文書館

関連キーワード

  • 外務省機密漏洩(ろうえい)事件(2010年03月10日 朝刊)

    沖縄が日本に復帰する直前、毎日新聞記者だった西山さんは外務省の女性事務官を通じ、沖縄の土地の原状回復補償費400万ドルを日本が肩代わりする密約を示唆する機密電文を入手した。国会でも取り上げられたが、外務省は密約を否定。西山さんは国家公務員法違反で逮捕され、78年に最高裁で有罪が確定した。ところが、00年には米国立公文書館が、吉野文六・外務省アメリカ局長(当時)とスナイダー駐日米公使(同)のイニシャルが入った公文書「議論の要約」を開示。密約の内容が記されていたが、外務省は認めなかった。西山さんらは昨年3月、東京地裁で国を相手に情報公開訴訟を起こした。裁判は今年2月16日に結審し、判決は4月9日に言い渡される。

  • 降伏文書(2020年09月02日 夕刊)

    1945年8月15日の「玉音放送」で国民に敗戦が伝えられ、9月2日、東京湾に停泊中の米戦艦ミズーリ号上で、降伏文書の調印式が行われた。マッカーサー元帥が見守る中、日本側は政府代表で重光葵(まもる)外相、統帥部を代表して梅津美治郎(よしじろう)陸軍参謀総長が署名。文書は2通あり、日本の外務省外交史料館と米国立公文書館で今も保管されている。

  • 降伏文書(2020年09月04日 朝刊)

    1945年8月15日の「玉音放送」で国民に敗戦が伝えられ、9月2日、東京湾に停泊中の米戦艦ミズーリ号上で、降伏文書の調印式が行われた。マッカーサー元帥が見守る中、日本側は政府代表で重光葵(まもる)外相、統帥部を代表して梅津美治郎(よしじろう)陸軍参謀総長が署名。文書は2通あり、日本の外務省外交史料館と米国立公文書館で今も保管されている。

最新ニュース

写真・図版

戦時の九大生体解剖事件の証言者、東野利夫さん死去(2021/4/14)会員記事

 第2次世界大戦の末期、日本軍の捕虜になった米兵8人が福岡市の九州帝国大(現九州大)で人体実験の末に殺害された「九大生体解剖事件」に立ち会い、証言を続けてきた医師、東野利夫(とうの・としお)さんが13…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】デジタル技術ふんだんに

    新型Sクラスに試乗

  • 写真

    【&TRAVEL】深大寺そばの地にお城が!

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】キャンプにも災害時にも活用

    重宝するコンパクトライト

  • 写真

    【&w】仕事を休んでもいいですか?

    相棒と私 松山ケンイチさん

  • 写真

    好書好日「2021年本屋大賞」が決定

    DVや児童虐待を浮き彫りに

  • 写真

    論座勉強向きはデジタル?紙?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジャケパンのコツとは?

    知っておきたいマナーを解説

  • 写真

    Aging Gracefullyお守りコスメでトラブルケア

    老けさせないケアを

  • 写真

    GLOBE+「愛の不時着」どこで撮影?

    あの名場面、現場を訪ねたら…

  • 写真

    sippoシニア猫のもとに新入り猫

    我が家ではうれしい変化が!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ