メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米疾病対策センター

関連キーワード

  • MRSA(2016年12月02日 朝刊)

    食中毒やおできなどの原因になる黄色ブドウ球菌が、抗菌薬に対する抵抗性を獲得した病原菌。健康な人でも鼻の中や皮膚、のどなどにおり、米疾病対策センターによると、健康人100人中2人の鼻にMRSAがいる。これら市中のMRSAが施設や病院に持ち込まれる例も増えている。健康な人では、毛穴や傷口から入り込んで皮膚が化膿(かのう)する病気を起こすことがあり、免疫力が低下している人の場合は、肺炎や骨髄炎、心内膜炎など深刻な病気につながることがある。いったん発症すると、効く薬が少ないため治療が難しい。

最新ニュース

写真・図版

「熱やだるさは起こるもの」 子どもの接種後、見守りを(2021/6/20)会員記事

 新型コロナウイルスのワクチンが、12~15歳の子どもにも接種できるようになり、一部の自治体では接種券が発送されています。保護者や周囲の人が気をつけるべき点を、新潟大学の斎藤昭彦教授(小児科学)に聞き…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ