メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米空軍

関連キーワード

  • 大規模爆風爆弾モアブ(2017年04月14日 夕刊)

    (MOAB:MassiveOrdnanceAirBlast、GBU43)米空軍が2003年に開発・配備。非核兵器としては史上最大の破壊力をもつとされ、「MotherOfAllBombs(全爆弾の母)」の異名を持つ。火薬量約8.5トンで総重量約10トン、全長約9.2メートル。巨大で戦闘機や爆撃機には搭載できず、C130などの輸送機から投下する。強固な地下要塞(ようさい)などを破壊する地中貫通爆弾バンカーバスターほど貫通力はないが、一般的な地下壕などに有効で、威力は半径約1.6キロに及ぶとされる。イラク戦争でも1発配備されたが、使用はされなかった。

  • 嘉手納基地(2017年02月24日 朝刊)

    沖縄県嘉手納町、沖縄市、北谷町にまたがり、4千メートル級滑走路2本を持つ東アジア最大級の米空軍基地。第18航空団のF15戦闘機や空中給油機など約110機が常駐し、2015年度の騒音発生回数は2万4千回。午後10時〜午前6時の飛行は「米軍の運用上必要なものに制限する」とした日米協定があるが、15年度のその時間帯の騒音回数は1620回に及んだ。

  • マイノット事件(2010年08月06日 朝刊)

    2007年8月末、書類上は外されていたはずの核弾頭が誤って搭載された状態の巡航ミサイルが、B52戦略爆撃機の翼下に装着された状態で、マイノット米空軍基地から南部ルイジアナ州のバークスデール空軍基地へ輸送された。点検や連絡の不備が重なったのが原因。核装備された爆撃機が米本土を縦断し、離着陸前後も両基地で核兵器が厳重に管理されていなかったことが発覚した。この事件を受けて、空軍長官と空軍参謀総長が更迭された。空軍は、これまで別々の指揮系統だった核攻撃を統合し「グローバル戦略攻撃軍団」を創設した。

最新ニュース

2018年10月25日、株式会社リベルタ(東京都渋谷区、代表取締役:佐藤透)が日本総販売元として取扱いを行うウォッチブランド「Luminox(ルミノックス)」から、新モデルを発売いたします。(2018/10/22)

米国海軍特殊部隊「Navy SEALs」からの開発要請にはじまり、米空軍戦闘機モデル、世界各国の軍採用モデルなど次々発売してきたLuminox。この度、2011年よりスタートしたScott Casse…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】美食家・魯山人の教えを再現

    424回混ぜた“究極の納豆”を

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】2人が考える服の見せ方とは

    鈴木えみと落合陽一がコラボ

  • 写真

    【&w】無性に食べたくなるタイ料理

    おんなのイケ麺

  • 写真

    好書好日美人姉妹と火山の奇妙な関係

    温泉地奇譚「噴煙姉妹」刊行

  • 写真

    WEBRONZA小泉純一郎から中国への手紙

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン西島秀俊が望んだ“現場” 

    不器用ゆえに掴んだものとは

  • 写真

    T JAPANダレン・ベイダーとは何者か?

    不条理な現代をアートで示す

  • 写真

    GLOBE+aiboは人に問いかける

    ヒトとロボットの快適な関係は

  • 写真

    sippoけがした猫を引き取り治療

    女性が保護活動を続ける理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ