メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

アメリカ航空宇宙局(NASA)

関連キーワード

  • スペースシャトル(2009年03月12日 夕刊)

    米航空宇宙局(NASA)の再使用型有人宇宙船。81年4月にコロンビアが初飛行して以来5機が製造され、計124回打ち上げられている。このうち、86年にはチャレンジャーが打ち上げ直後に爆発、03年にコロンビアが地球帰還時に空中分解する事故が起きている。今回打ち上げ予定のディスカバリーは現役3機のうちの1毅老朽化などからスペースシャトルは10年5月の打ち上げを最後に退役を予定している。

  • コンステレーション計画(1987年04月10日 夕刊)

    「コンステレーション」は星座の意味。ブッシュ前大統領が2004年に発表した新宇宙戦略に基づく米航空宇宙局(NASA)の有人宇宙計画で、アポロ計画以来となる月有人探査が大きな柱。新たに開発する有人ロケット「アレス1」と貨物ロケット「アレス5」を別々に打ち上げ、それぞれが運ぶオリオン宇宙船(4人乗り)とアルタイル月着陸船を地球の周回軌道上でドッキングさせ、月に向かう計画。

  • 波動歯車装置(2010年04月22日 朝刊)

    同じ軸を持つ3重の基本部品から成る。真ん中に挟まれる薄い合金の歯車が、楕円(だえん)にたわむのがミソ(写真の陰の部分=ハ社提極。常識を覆す発想により、内側の歯車を1回転させると、外側の歯車が100分の2だけ進み、正確な減速と大きなトルク(力)を取り出せる。小型軽量の特長を生かし、ホンダの二足歩行ロボット「アシモ」の関節部、ハワイの赤外線望遠鏡「すばる」の鏡面保持、米航空宇宙局の火星探査車の車軸や腕にも使われている。多種少量生産で、受注のほとんどは1個から十数個。工場に生産ラインは見当たらず、熟練した技能工が1個1個を手作業で作り上げる。1個数万円する。

最新ニュース

写真・図版

2020年、月が熱い 40年には1千人定住計画(2019/7/12)有料会員限定記事

 2020年東京五輪・パラリンピックや大会後を見すえ、解決したい課題や取り組みたい活動を聞きました。■ispace 袴田武史CEO 2020年は、月のビジネスが盛り上がってくる年にもなると思います。こ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】17のカラーバリエーション

    安心・快適な車内空間〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】星野源主演『引っ越し大名!』 

    映画試写に5組10名様ご招待

  • 写真

    【&M】野口健が娘と挑む、次の“頂”

    アフリカ大陸の頂上に挑戦

  • 写真

    【&w】伝統と革新性を

    ロエベによるクラフト賞

  • 写真

    好書好日木梨憲武さんが描いた絵本

    得意の「手」をモチーフに

  • 写真

    論座写真家はユーチューバーへ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンニッポンの社長、イマを斬る

    Fracta CEO加藤 崇

  • 写真

    T JAPANハリウッドの名優勢ぞろい!

    映画『ゴールデン・リバー』

  • 写真

    GLOBE+折りたたみスマホで独走中

    発案者のすごい経歴

  • 写真

    sippo猫を虜にする「ちゅ~る」

    ヒットの裏に社長の思いつき

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ