メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米長邦雄

  • 米長邦雄(よねなが・くにお)  1943年6月10日生まれ。山梨県増穂町(現・富士川町)出身。故・佐瀬勇次名誉九段門下。
     63年、プロ四段。73年に初タイトルの棋聖獲得。80年代に宿敵・中原誠十六世名人と数多くのタイトル戦を戦い、85年には中原から十段を奪取して史上3人目の四冠王になった。永世棋聖の称号資格も獲得した。
     名人位にはなかなか手が届かなかったが、93年、第51期名人戦で中原名人を4連勝で破る。7度目の挑戦にして初の名人獲得で、49歳11カ月での名人就位は最年長記録。
     人生は「さわやか流」、中終盤のねじり合いを得意とする将棋は「泥沼流」と呼ばれた。「自分にとって消化試合でも、相手にとって重要な対局なら、全力で勝たねばならない」という「米長哲学」は、現在の将棋界に受け継がれている。
     98年にA級から陥落、フリークラスへ。03年に現役引退。生涯成績は1103勝800敗。タイトル獲得数は歴代5位の計19期(名人1期、十段2期、王位1期、棋王5期、王将3期、棋聖7期)。05年から日本将棋連盟会長を務め、在職中の12年、死去。

関連キーワード

  • 将棋電王戦(2015年03月30日 朝刊)

    2012年の第1回は、すでに引退していた故米長邦雄元名人が敗北。第2回からは5人の棋士と五つのソフトが戦う団体戦形式になった。今回は、21日の第2局でも永瀬拓矢六段(22)が勝利。成れる角をあえて成らずに王手をかける「奇手」にソフトが対応できず、王手を放置して別の手を指し、反則負けとなった。ソフト特有の指し手に対応するため、棋士は対戦するソフトと事前に練習できる。永瀬六段は練習でソフトの欠陥に気づいたという。28日の第3局はソフトが勝った。4月4日、11日にも対局がある。

最新ニュース

写真・図版

稲葉の粘り 第77期将棋名人戦A級順位戦1回戦 第1局第4譜(2018/7/17)

 第1局第4譜(69―85)先▲ 八段 豊島将之 △ 八段 稲葉陽     * (図は△5三金まで)▲8五桂8  △6四歩▲7三桂成3 △同銀▲7五歩   △同歩1▲7四銀1  △8四桂14▲6四歩2…[続きを読む]

米長邦雄をコトバンクで調べる

写真

  • 本図
  • 感想戦で対局を振り返る佐藤天彦名人(右)と羽生善治竜王=20日夜、山形県天童市の天童ホテル、迫和義撮影
  • 米長邦雄さんが詣でた鑑真和上坐像は年間を通して数日しか開扉されないが、この御身代(おみが)わり像は毎日参拝できる=奈良市、滝沢美穂子撮影
  • 米長邦雄さんが詣でた鑑真和上坐像(国宝)は年間を通して数日しか開扉されないが、この御身代(おみが)わり像は毎日参拝できる=奈良市五条町、滝沢美穂子撮影
  • 王将戦の第4局で谷川浩司王将(左)を破って七冠を達成、対局をふり返る羽生善治名人(当時)=1996年2月14日午後5時35分、山口県豊浦町(現・下関市)、朝日新聞西部写真部・丹羽敏通撮影
  • 王将戦の第4局で谷川浩司王将(左)を破って七冠を達成、対局をふり返る羽生善治名人(当時)=1996年2月14日、山口県豊浦町(現・下関市)
  • 佐藤天彦名人=東京都渋谷区の将棋会館、迫和義撮影
  • 佐藤天彦名人=迫和義撮影
  • 本図  
  • 八代弥六段(手前)と対局する羽生善治竜王=13日午後、名古屋市東区、戸村登撮影
  • 将棋王座の中村太地さん=東京都渋谷区、池永牧子撮影
  • 中村太地さん=池永牧子撮影
  • 「囲碁があって今の人生」=昨年12月16日、東京都千代田区の日本棋院「幽玄の間」、飯塚晋一撮影
  • 羽生善治棋聖
  • 本図
!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】あえて専用機を選ぶ!

    手頃な音楽プレーヤー

  • 写真

    【&TRAVEL】目的地で使えるフリー切符は

    おとな女子のひとり旅

  • 写真

    【&M】もはや新しい料理?

    すし職人のフィッシュバーガー

  • 写真

    【&w】手探りでいつしか人気店に

    地元密着型のブックカフェ

  • 写真

    好書好日和洋折衷の痛快アクション

    「BLEACH」佐藤信介監督

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPANG・マッタ=クラーク回顧展

    彼が空き家を二つに切った理由

  • 写真

    GLOBE+世界はどこに向かうのか

    朝日地球会議インタビュー

  • 写真

    sippo繁殖業者が手放した白い犬

    「もう産めないから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ