メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米長邦雄

  • 米長邦雄(よねなが・くにお)  1943年6月10日生まれ。山梨県増穂町(現・富士川町)出身。故・佐瀬勇次名誉九段門下。
     63年、プロ四段。73年に初タイトルの棋聖獲得。80年代に宿敵・中原誠十六世名人と数多くのタイトル戦を戦い、85年には中原から十段を奪取して史上3人目の四冠王になった。永世棋聖の称号資格も獲得した。
     名人位にはなかなか手が届かなかったが、93年、第51期名人戦で中原名人を4連勝で破る。7度目の挑戦にして初の名人獲得で、49歳11カ月での名人就位は最年長記録。
     人生は「さわやか流」、中終盤のねじり合いを得意とする将棋は「泥沼流」と呼ばれた。「自分にとって消化試合でも、相手にとって重要な対局なら、全力で勝たねばならない」という「米長哲学」は、現在の将棋界に受け継がれている。
     98年にA級から陥落、フリークラスへ。03年に現役引退。生涯成績は1103勝800敗。タイトル獲得数は歴代5位の計19期(名人1期、十段2期、王位1期、棋王5期、王将3期、棋聖7期)。05年から日本将棋連盟会長を務め、在職中の12年、死去。

関連キーワード

  • 将棋電王戦(2015年03月30日 朝刊)

    2012年の第1回は、すでに引退していた故米長邦雄元名人が敗北。第2回からは5人の棋士と五つのソフトが戦う団体戦形式になった。今回は、21日の第2局でも永瀬拓矢六段(22)が勝利。成れる角をあえて成らずに王手をかける「奇手」にソフトが対応できず、王手を放置して別の手を指し、反則負けとなった。ソフト特有の指し手に対応するため、棋士は対戦するソフトと事前に練習できる。永瀬六段は練習でソフトの欠陥に気づいたという。28日の第3局はソフトが勝った。4月4日、11日にも対局がある。

最新ニュース

写真・図版

三重)国重文の「賓日館」、補強案策定へ 伊勢(2019/4/6)有料記事

 伊勢神宮に参拝する賓客の宿泊施設として1887(明治20)年に建てられ、皇族をはじめ、政財界の著名人たちが訪れた三重県伊勢市二見町の「賓日館(ひんじつかん)」の老朽化が進んでいる。2010年に国の重…[続きを読む]

米長邦雄をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】シド・ミード展にご招待

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】シアトルからロサンゼルスへ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】高山都さんの新しい習慣

    4月特集「出会いと別れ」

  • 写真

    好書好日横尾忠則さんの華麗なる交流

    芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

  • 写真

    論座上野千鶴子祝辞に反発する人

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパフォーマンスに差がつく

    快適かつ上質な空の旅

  • 写真

    T JAPANクリムトが巨匠である理由

    2つの展覧会が開催

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo猫は名前を聞き分けられる

    上智大チームが検証

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ