メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

粉じん

関連キーワード

  • じん肺と合併症(2008年07月27日 朝刊)

    じん肺は、金属や研磨材、炭素原料などの粉じんを吸い続け、肺が硬くなって呼吸困難になる病気。炭坑や鉱山の労働者に多い。診断で「所見あり」とされると、症状が1〜4の「管理区分」に分けられる。労災保険の休業補償給付では、最も症状が重い4は無条件で対象になる。中程度の2〜3は、続発性気管支炎や肺結核など、じん肺法が認める6種類の合併症のいずれかがないと給付されない。労働基準監督署に給付請求する際、医療機関による合併症の診断証明書が必要になる。続発性気管支炎は6種の合併症の中で最も罹患(りかん)率が高い。

  • じん肺診断(2008年11月23日 朝刊)

    じん肺は、吸い込んだ粉じん、炭じんが沈着して肺が硬くなり、息切れ、呼吸困難などになる。じん肺法では、X線画像に現れる影の大きさと肺機能障害の有無を診断基準として、じん肺に4段階の管理区分を設けている。最も重症の管理4と、続発性気管支炎などの合併症を伴う管理2〜3は療養が必要とされ、休業補償の対象となる。同法は加害企業の賠償責任を定めた法律ではないが、これまでの判決では、患者への賠償額の算定の根拠にこの管理区分が用いられ、要療養の患者に1400万〜2300万円、合併症のない管理2〜3の患者には900万〜1400万円の支払いが命じられている。

  • 試料採取(2008年12月07日 朝刊)

    北朝鮮は核計画のなかで、抽出した兵器用プルトニウムを約38キロと申告した。抽出量と時期を正確に測定するためには、寧辺原子炉の炉心か、使用済み燃料棒再処理施設に残る粉じんなどに含まれた核関連物質のサンプルを機材で採取する必要があると、日米韓は主張している。

最新ニュース

建設石綿訴訟、最高裁で弁論 原告側、一人親方への賠償主張(2020/10/23)会員記事

 建設資材に含まれるアスベスト(石綿)を吸って中皮腫や肺がんになったとして神奈川県内で働いた建設作業員や遺族ら89人が国と建材メーカー43社に約29億円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(深山…[続きを読む]

粉じんをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&w】わくわくする毎日をつくるもの

    ほんやのほん

  • 写真

    【&TRAVEL】今度は堂々とした立ち姿

    永瀬正敏が撮った台湾

  • 写真

    【&M】内戦の古傷を癒やすカレー

    忘れ得ぬタミルの人々と食事

  • 写真

    【&w】叔母から受け継いだ、ピエロギ

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座菅首相の所信表明演説を読む

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオシャレとしてのジャージ

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPANレシピが伝える新しい生き方

    長尾智子の卵料理

  • 写真

    GLOBE+ナイル川は豊かなのか?

    釣り人的な視点で眺めてみた

  • 写真

    sippoこわもてだけど優しい犬

    散歩道で見つけた子猫と親友に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ