メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

粉ミルク

関連キーワード

  • メラミン混入粉ミルク事件(2008年11月19日 朝刊)

    9月11日、中国衛生省が三鹿集団の粉ミルクからのメラミン検出を公表。全国の5万4千人以上の乳幼児が腎臓結石の被害を受け、少なくとも4人が死亡した。11月12日現在も1272人が入院中。メラミンは食器などに使われる樹脂の主原料で毒性は低いが、大量に摂取すると腎臓などに結石ができる場合がある。窒素を多く含み、食品などに混ぜることでたんぱく質の量を多く見せかけられる。その後、乳製品メーカー計22社の製品のほか、菓子、卵、家畜飼料などからも見つかった。

  • 粉ミルクへのメラミン混入事件(2010年02月06日 朝刊)

    2008年9月、河北省石家荘市の三鹿集団(事件後に破産)が製造、販売した粉ミルクに有害物質メラミンが混入していることが発覚。中国全土で被害が拡大し、乳幼児29万6千人に腎臓結石など泌尿器系の異常が見つかり、うち6人が死亡した。生乳にメラミンを入れたとして酪農業者ら2人に死刑、別の1人に執行猶予つきの死刑判決が言い渡された。

  • メラミン(2008年09月27日 朝刊)

    食器などに使われる樹脂の主原料となる有機化合物で、他の化学物質と反応すると結晶化し、腎臓障害を起こす恐れがある。昨年春には北米で、ペットフードを食べた犬や猫が大量死し、原料の中国産小麦グルテンにメラミンが混入していた。今月に入り中国衛生省が、メラミンが混入した粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡したり、腎臓結石などで重症となった患者が多数いたりすることを発表。検出濃度が高い商品は2563ppmにのぼった。

最新ニュース

写真・図版

鳥取)過去5年で最高の糖度 プリンスメロン査定会(2019/5/17)

 甘い香りを放つ鳥取県倉吉市特産のプリンスメロンの査定会が16日、倉吉市越殿町のJA鳥取中央本所であった。3月後半は気温が低く、4月の日照時間も昨年より60時間も短かったため交配作業に影響が出ていたが…[続きを読む]

粉ミルクをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ