メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

糸川英夫

糸川英夫

(いとかわ・ひでお) 1912-1999 日本のロケット開発で中心的な役割を果たし、「ロケット博士」として国内外に知られた。東大教授として東大生産技術研究所でロケットの研究をはじめ、1955年に国産初の固体燃料ロケット「ペンシルロケット」(全長約23cm)の発射実験に成功。日本の宇宙科学研究の基礎を築き、「日本の宇宙開発の父」と言われる。東大工学部卒後、中島飛行機に入社して戦闘機「隼(はやぶさ)」などの設計を手がけたことも。音響工学、システム工学者としても知られる。著書に「逆転の発想」シリーズなどがある。

関連キーワード

  • 糸川英夫博士(2012年04月28日 夕刊)

    日本初の人工衛星「おおすみ」の開発に携わるなど、国内の宇宙研究の基礎を築いた。2010年に「はやぶさ」が微小物質を持ち帰った小惑星は、博士にちなんで「イトカワ」と命名された。

  • ペンシルロケット(2016年04月13日 朝刊)

    糸川英夫・東大教授(当時)の主導で開発された全長23センチで鉛筆のような形の超小型ロケット。当時の日本にはレーダーによるロケット追尾技術はなかったため、空へ打ち上げずに水平方向に発射した。飛行経路に紙や電線で作った計測機器を並べて約15メートル飛ばし、それを突き破らせることで速度や飛行経路を確認した。1955年4月12〜23日の29機の試射は全て成功し、その後の日本のロケット開発の原点となった。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】完全無欠のコッペパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&TRAVEL】若狭湾を眺め敦賀へ

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】安眠を保証する斬新なベッド

    レクビィの新型プラスMR登場

  • 写真

    【&w】私の“あしながおじさん”へ

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日仕掛人・梅安の勝負飯

    「浅蜊と大根の鍋」作ってみた

  • 写真

    論座差別が邪魔するコロナ収束

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太の新たな一面とは?

    最新作について本人が語る。

  • 写真

    Aging Gracefully鈴木保奈美さん初のエッセー

    代わりに伝える言いにくいこと

  • 写真

    GLOBE+ペニスが教えてくれる歴史

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo50問で導くグリーフケア

    愛犬とのハッピーエンディング

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ