メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

細川護熙

関連キーワード

  • 政権交代(2009年09月16日 夕刊)

    自民党が政権を失うのは、93年8月の日本新党など8党派連立による細川護熙内閣の発足以来。8月の総選挙では、55年の結党以来守ってきた衆院第1党の座も奪われた。総選挙で当選したのは民主308△自民119△公明21△共産9△社民7△みんな5△国民3△日本1△大地1△無所属6。民主が単独で過半数を占める。一方、参院では民主は単独過半数には足りない。社民、国民新との連立の背景には、両党の協力で参院で過半数を得て、安定した政権基盤を築こうという狙いがある。しかし、各党には外交・安全保障などの面で政策の違いがあり、今後対立する可能性もある。

  • いのちを守る森の防潮堤(2012年07月29日 朝刊)

    震災がれきと広葉樹を組み合わせた防潮堤で、横浜国立大の宮脇昭名誉教授(植物生態学)が提案している。がれきと土を混ぜた丘の上にタブノキなどの広葉樹の森をつくって、津波被害の減災を目指す。細川護熙元首相や、脚本家の倉本聰氏らが活動を推進している。県内では、全県議が参加する議員連盟が活動を推進する。5月末には、岩沼市が試験的に高さ4メートルの丘を完成させた。

  • 政治改革(2013年06月11日 朝刊)

    リクルート事件をきっかけに自民党が1989年に政治改革大綱を決定、小選挙区比例代表制導入と派閥解消を打ち出した。宮沢喜一首相は93年5月、選挙制度改革を含む政治改革関連法案について「この国会でやるんです。うそをついたことはない」と宣言。だが自民党内の反対論が強まり、法案成立は困難となった。93年6月18日、宮沢内閣不信任案が可決され、宮沢首相は衆院を解散。自民党は分裂し、新生党、新党さきがけが誕生した。非自民8党派による細川連立政権が発足。細川内閣は9月、中選挙区制を廃止し、小選挙区比例代表並立制を導入する公職選挙法改正案を提出。94年1月、細川護熙首相と河野洋平自民党総裁による会談で、小選挙区300、比例区200で修正合意し、成立した。

最新ニュース

“会食政治”はポスト・コロナで終わる?!~首相長男の接待問題は政権の致命傷(2021/3/3)

 「会食」が今年の「流行語大賞」になるのだろうか。コロナ禍のもと、すっかり日常的に使われるようになったこの言葉は、菅義偉首相の長男による会食接待問題でいかがわしささえ漂わせるようになった。 「7万円の…[続きを読む]

細川護熙をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】クールな時代の反動?

    Ado『うっせぇわ』の快進撃

  • 写真

    【&TRAVEL】若狭湾を眺め敦賀へ

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】印象に残るウェッジシェイプ 

    3代目トヨタ・セリカ

  • 写真

    【&w】5年ぶりにあの人の台所へ

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日卒園シーズンにぴったり

    絵本「そしておめでとう」

  • 写真

    論座原子力災害と福島の有機農家

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビクトリノックスから、

    限定色のコレクターズナイフ

  • 写真

    Aging Gracefullyマスクメイク・おうちメイク

    いまを楽しむメイクセット

  • 写真

    GLOBE+パレスチナの食が危ない

    占領政策で消えていく文化

  • 写真

    sippo17年共に過ごした猫が逝く

    別れのとき、鼻先や耳をなでた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ