メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

経営統合

関連キーワード

  • 大手損保3社の経営統合検討(2008年12月30日 朝刊)

    2位の三井住友海上グループHDと4位のあいおい、6位のニッセイ同和の両損害保険の3社が交渉していることが明らかに。持ち株会社方式を念頭に、今年度内の基本合意を目指している。実現すれば、売上高に当たる正味収入保険料(連結)は計約2兆7千億円に達する。首位の東京海上HDの約2兆2千億円を上回り、国内最大の損保グループが誕生する。

  • 十六銀行と岐阜銀行の経営統合(2010年09月12日 朝刊)

    7月30日に両行が検討入りを発表した。岐阜銀は経営再建中で、統合は筆頭株主の三菱東京UFJ銀行からの資金支援が前提。今年度中をめどに岐阜銀が十六銀の子会社となり、2012年度中をめどに合併する方針。両行の預金残高の合計は4兆6971億円(6月末現在)。

  • 関西空港と伊丹空港の経営統合(2012年02月16日 朝刊)

    多額の借金を背負う関空と黒字経営の伊丹の経営を、今年7月に新会社で統合。両空港の運営権を民間に売り、関空の借金解消を目指す。国土交通省の成長戦略会議が2010年度に方針を打ち出したが、関空と同じく経営改善を目指す神戸空港は、市営空港だとして議論の対象にされなかった。

最新ニュース

巨大IT、ルール整備 政府、月内にも新組織設置(2019/9/20)有料会員限定記事

 「GAFA(ガーファ)」と総称されるグーグルやアマゾンなど、プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業に関するデジタル市場のルールを整備しようと、政府は月内にも「デジタル市場競争本部」を設置する。19…[続きを読む]

経営統合をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ