メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

経済制裁

関連キーワード

  • 対イラン経済制裁(2012年12月14日 朝刊)

    「民生目的」の核開発を続けるイランに対し、国連安全保障理事会は過去4度の制裁決議を採択。米国と欧州連合(EU)は核開発資金を減らすため、イランの原油収入を削減させる独自の制裁を発動した。イラン通貨リアルは、対米ドルの実勢レートで1年前と比べて価値が3分の1程度に下落した。

  • 日本とパキスタン(2009年04月18日 朝刊)

    パキスタンにとって日本は最大級の援助供与国。06年の経済協力開発機構(OECD)の統計では、途上国援助(ODA)額は米国に次いで2位。98年の核実験で新規円借款の停止など経済制裁に踏み切ったが、01年の同時多発テロを機に再開。昨年度は約480億円の円借款と約60億円の無償資金協力を供与している。

  • パレスチナの分裂(2011年04月29日 朝刊)

    2006年1月の自治評議会(国会に相当)選挙で過半数を獲得したハマスが単独政権を発足させた。欧米諸国は、ハマスに武装闘争を放棄するよう迫ったが、ハマスは拒否した。イスラエルによる経済制裁などで財政難に陥ったハマス政権は、サウジアラビアの仲介で07年3月、アッバス自治政府議長率いるファタハと連立内閣を発足させたが、治安権限などを巡って衝突。ハマスは同6月、ガザを武力制圧した。以来、ハマスはガザを、ファタハはヨルダン川西岸を分割支配する状態が続いている。

最新ニュース

写真・図版

(記者解説)揺れる国際金融都市 香港の中国化、米中にリスク 編集委員・吉岡桂子(2020/10/19)会員記事

 中国が強行した香港国家安全維持法の施行は、英国からの返還にあたって約束したはずの「一国二制度」を揺るがすものとして各国の懸念が強まっている。加えて、米中対立が激化している。 にもかかわらず、国際金融…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】回り道の量で変わってくる

    刈谷仁美さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】もう、うっとりするおいしさ

    佐賀のお茶やお菓子を訪ねて

  • 写真

    【&TRAVEL】暮らしに溶け込む現代工芸

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ビールとの相性抜群!

    食通シェフが唸ったハムカツ

  • 写真

    【&w】高田賢三の生き方とは

    「ケンゾー」デザイナー

  • 写真

    好書好日クトゥルー神話の豊潤な世界

    若い世代に広まったわけ

  • 写真

    論座大学非常勤講師とコロナ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・町田啓太が嗜む

    セットアップのオンとオフ

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+民主主義はだめな制度?

    政治学者・吉田徹に聞く

  • 写真

    sippo犬のキスシーンに胸キュン

    話題の映画『わんわん物語』

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ