メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

統合失調症

関連キーワード

  • 統合失調症(2020年03月10日 朝刊)

    厚生労働省によると、幻聴や妄想の症状が特徴的な病気で、100人に1人弱がかかるとされる。同省の「患者調査」(2017年)によると、患者数は推計で約79万人。症状が強くなると、会話や行動に統一性がないように見えてしまうことがあり、自分自身が病気であることを認識できない場合もあるとされる。10代後半から30代の発症が多く、進学や就職、結婚など人生の節目がきっかけになることが多いという。「抗精神病薬」の進歩で、回復が期待しやすくなったとされ、日本でも2000年代半ばに副作用が比較的少ない新薬が発売された。小山さんもこの新薬を使っている。ただし、再発しやすい病気のため、症状がなくなったように見えても治療を続ける必要があり、油断すると生活上のストレスをきっかけに再発することがあるという。

  • 統合失調症と広汎性発達障害(2010年04月23日 朝刊)

    統合失調症は、幻聴や妄想などの症状がある精神疾患。治療は薬物投与と心理社会的ケアが柱となる。広汎性発達障害は脳の機能障害とされ、他人との交流や想像力に困難を抱える。知的な遅れがない場合はアスペルガー症候群とも呼ばれ、優れた記憶力や芸術的才能を持つ人もいる。根本的な治療法はないが、ロールプレーなどで人とのかかわり方を学んだり周囲が理解しフォローしたりすることで生活しやすくなる場合がある。

  • 統合失調症(2014年10月19日 朝刊)

    100人に1人がかかるとされる精神疾患で、かつては精神分裂病と呼ばれた。症状は幻覚や妄想、意欲低下、認知機能障害などで、生活に支障が出る人もいる。適切な治療で回復する人も少なくない。国内の患者は2011年時点で、推定で約71万人。

最新ニュース

写真・図版

心の不調と子育て・結婚、支え合う当事者 精神障害者らが集う自助グループ、各地に(2021/6/3)会員記事

 発達障害や統合失調症など精神的な不調を抱える人が、子育てや夫婦の悩みを分かち合う自助グループが少しずつ広がっています。「ひとりじゃない」という思いでつながることで孤立を防ぎ、当たり前に結婚、子育てが…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】街の個性派書店が勢ぞろい

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&w】30代は仕事も私生活も絶不調

    コシノヒロコさんの生き様

  • 写真

    【&Travel】忘れられない和傘、漆、額縁

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】1000円台で食べられるフレンチ

    食通シェフが通う店

  • 写真

    【&w】パリの市場でご機嫌ランチ

    パリの外国ごはん ふたたび。

  • 写真

    好書好日滝沢カレンさんの空想爆発

    「猛スピードで母は」の世界は

  • 写真

    論座福島原発「DCH」恐怖の夜

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサントーニのスニーカー

    気持ちが明るくなる純白の一足

  • 写真

    Aging Gracefully“いいトコ取り”アイテム

    アウター、バッグ、シューズ

  • 写真

    GLOBE+洋上風力7500倍以上?

    政府の目標、実現できるのか

  • 写真

    sippo「生きたい」「助けたい!」

    諦めない心が瀕死の子猫に奇跡

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ