メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

統治機構

関連キーワード

  • イスラム国(2015年01月25日 朝刊)

    反欧米を掲げる過激派組織。アルカイダ系など、イラク国内の過激派組織が2006年に合流し、名称を変えながら活動を続けてきた。昨年6月、イラク第2の都市モスルを占領、周辺都市を執と陥落させ、「国家」をつくったと一方的に宣言。シリア北部のラッカを「首都」と主張する。支配地域では国家のような統治機構を築き、「県庁」にあたる行政機関や、住民を監視する宗教警察ももつ。外国人戦闘員の多くは中東や北アフリカ、欧州から集まっており、米政府は80カ国以上から1万5千人が加わっているとみる。「イスラム国」の狙いは、聖典コーランやムハンマドの教えを厳格に守る社会の実現だ。だが少数派ヤジディ教徒の女性を奴隷にするなど、極端なことを強いる。第1次世界大戦中に英仏ロが秘密裏に結んだ協定に基づいて引かれた中東の国境線をなくすことも目指している。将来的には中部以北のアフリカ大陸、中央アジア、イベリア半島まで勢力を広げようとしている。ナイジェリアのボコ・ハラムなど、「イスラム国」との連帯を表明する組織もある一方、イエメンに拠点を置く過激派組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」など、アルカイダ系組織は拒否反応を示している。

  • フィリピンのイスラム武装勢力(2019年06月18日 朝刊)

    フィリピン南部では、1970年代に独立自治を目指して発足したモロ民族解放戦線、分派したモロ・イスラム解放戦線(MILF)をはじめ多くのイスラム武装勢力が存在する。ISに忠誠を誓う武装組織もアブサヤフやバンサモロ・イスラム自由戦士などがある。政府はこのうち、長年対立したMILFとの和平合意で、今年2月にマラウィを含むミンダナオ島西部に「暫定統治機構」を認めた。2022年の選挙を経て予算編成や徴税などの権限をもつ「イスラム自治政府」に移行する。

  • フィリピンのイスラム武装勢力(2019年06月18日 朝刊)

    フィリピン南部では、1970年代に独立自治を目指して発足したモロ民族解放戦線、分派したモロ・イスラム解放戦線(MILF)をはじめ多くのイスラム武装勢力が存在する。ISに忠誠を誓う武装組織もアブサヤフやバンサモロ・イスラム自由戦士などがある。政府はこのうち、長年対立したMILFとの和平合意で、今年2月にマラウィを含むミンダナオ島西部に「暫定統治機構」を認めた。2022年の選挙を経て予算編成や徴税などの権限をもつ「イスラム自治政府」に移行する。

最新ニュース

徳島1、2区の候補者に聞く 喫緊のコロナ対策、憲法改正は?(2021/10/25)会員記事

 徳島県内2小選挙区に立候補した7人に、総選挙の争点となりうる課題について考えを尋ねた。設問は新型コロナウイルス感染症対策など7項目。3回に分けて各候補者の回答を紹介する。■コロナ喫緊の施策 コロナの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】一枚の紙から何を作る?

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    【&M】「料理体験が一変する」

    プロ一押しのキッチンウェア

  • 写真

    【&Travel】光の中にいた人は

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】劇作家・坂手洋二の映画評

    画面に写る映画の「現実」とは

  • 写真

    【&w】料理家・クリトモさんの新刊

    5名様にプレゼント

  • 写真

    好書好日「アーモンド」作者の新作は

    自らの疎外感や焦りを投影

  • 写真

    論座「体制選択選挙」の真の意味

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンカンペールのトートバッグ 

    モダンなデザインが印象的

  • 写真

    Aging Gracefully日常生活の見直しを

    持続可能なボディづくり

  • 写真

    GLOBE+ハバナ症候群の原因に結論

    機密解除で明らかに

  • 写真

    sippo預かり中の老犬もびっくり?

    すっかりトレーニングにはまる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ