メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総力戦

関連キーワード

  • 第1次世界大戦(2014年01月25日 朝刊)

    1914年、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者が暗殺され、同国がセルビアに宣戦布告したことをきっかけに勃発。英独仏ロなどの欧州の大国を中心とする30を超える国や地域が連鎖的に参戦した。英仏ロや日本などの「連合国」が、独とオーストリア・ハンガリー帝国、オスマントルコなどの「同盟国」を破り、18年に終戦した。国家総力戦となり戦車や毒ガスなどが登場。犠牲者は兵士だけで約900万人とされる。

  • 第1次世界大戦(2018年11月13日 朝刊)

    オーストリア皇太子夫妻が暗殺されたサラエボ事件(1914年)をきっかけに、英仏ロなどの連合国側とドイツ、オーストリアなどの同盟国側が戦った。軍事力だけでなく銃後の物資生産など、国力すべてを動員する史上初の総力戦となった。18年11月11日に休戦協定が署名された後、翌年のベルサイユ条約でアルザス・ロレーヌ地方を独から仏へ割譲することや、独に巨額の賠償金を課すことが決まった。こうしたベルサイユ体制への不満は、独でヒトラー率いるナチスが台頭する一因になった。

最新ニュース

写真・図版

(エスパルス奮橙記)台風接近の試合決行に違和感(2019/8/16)有料記事

 14日、天皇杯3回戦でエスパルスは遠く福岡の地でアビスパ福岡と対戦した。選手、コーチ、監督としてトータル16年にわたって在籍した篠田善之監督の古巣対決は、1―0で勝利し、次戦に駒を進めた。 しかし、…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ