メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総動員

関連キーワード

  • 旧木津村と総動員体制と村(2013年06月05日 朝刊)

    京丹後市史によると、旧木津村は人口約1700人の農村。終戦の際、役場職員が明治時代からの公文書約800点を神社に隠すなどして保存した。1950年に旧網野町に合併された後は網野郷土資料館に保管されていた。「総動員体制と村」はこのうち日中戦争以後の兵事についての公文書を収録している。A5判402ページで600部。2500円。問い合わせは京丹後市教委文化財保護課(0772・69・0640)。

  • 朝鮮半島からの徴用(2011年10月30日 朝刊)

    日本政府は第2次大戦下、労働力不足などを補うため、1938年に制定された国家総動員法に基づき、植民地支配していた朝鮮半島で労務動員を行った。39〜45年に約70万人を動員したとされる。日韓の請求権・経済協力協定では、日本の植民地支配下での徴用や徴兵などの個人補償は韓国側に任せ、経済協力の形で「清算」に代えた。

  • 県内の朝鮮人労働現場(2010年08月18日 朝刊)

    「朝鮮人強制連行調査の記録—中国編」(柏書房)によると、県内の朝鮮人数は1930年に千人、38年に2千人を超えた。その後も41年3055人、42年3744人、44年7122人と増えていく。戦時下の強制労働は38年の国家総動員法と翌年の国民徴用令で本格化し、のちに朝鮮人も対象となる。県内の労働現場は(1)岩美鉱山(岩美町)(2)大山池改修工事(3)才ケ崎隧道工事(4)大平山砂堀工事(以上、倉吉市)(5)美保飛行場(米子市)(6)湖山飛行場(鳥取市)が確認されている。

最新ニュース

友だち関係、勉強、家族、容姿...ストレスに悩む、中高生に贈る! 心の疲れをラクにする3ステップを紹介!(2019/1/22)

リリース発行企業:株式会社誠文堂新光社株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年2月8日(金)に、『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』を…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夜景やイルミに!

    失敗しない撮影術

  • 写真

    【&TRAVEL】長府毛利氏の串崎城の魅力は

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】演技は心のリハビリでした

    門脇麦さんインタビュー

  • 写真

    【&w】アカデミーの「圧力」に抗議

    本命不在、波乱の映画賞レース

  • 写真

    好書好日どこまで美味しく描けるか

    異能のクレヨン画家の人気絵本

  • 写真

    WEBRONZA乱用される鎮痛薬

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン一緒に海に潜りたい

    ほのかが語る理想のデート

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第34回

  • 写真

    GLOBE+子供が描く空が鉛色

    ソウルをむしばむ大気汚染

  • 写真

    sippo先代と同じ犬種を引き取る

    ブリーダーが放棄したフレブル

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ