メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総務相

関連キーワード

  • 大阪府財政(2008年07月28日 夕刊)

    不況の影響で法人2税が大幅に落ち込む一方、人件費や府債(借金)が増大し、歳出が歳入を上回る赤字決算が98年度から続いている。橋下知事は6月、今年度1100億円、9年間で計7770億円の歳出削減をしなければ、総務相への報告義務などが生じる財政健全化団体に転落する恐れがあると発表。人件費や事業費の大幅削減、府立施設や出資法人の統廃合を進めている。

  • 政府税制調査会(2009年12月05日 朝刊)

    自公政権時は学者や経済人らから委員が選ばれ、税のあり方を首相に提言した諮問機関。一方、少数の有力議員が仕切った自民党税調が、毎年度の税制改正案を決める実権を握っていた。民主党政権は「権力の二重構造」と批判。政府の税調に一元化して透明性を高めた。藤井裕久財務相が会長に就き、菅直人国家戦略担当相や原口一博総務相、各省の副大臣ら政治家だけで構成し10月上旬に始動。たばこ税の増税などが議論されてきた。来年度の税制改正大綱を11日に取りまとめる予定。

  • 法定外税(2016年04月04日 朝刊)

    住民税など地方税法で定められた税目以外に、地方自治体が独自に条例をつくって課す税。産廃税や別荘税などが知られるが、核燃料税や使用済み核燃料税といった原子力関係が金額で全体の7割を占める。設置には総務相の同意が必要だが、不同意はこれまで1件のみ。原子力関係の税では電力会社側の意見を聴く仕組みがあるが、地方財政審議会では「電気料金を負担する住民の意見を聴取する機会も必要だ」とする指摘が出ている。

最新ニュース

写真・図版

10区は自民VS立憲に維新が参戦 11区は前総務相に新顔2氏挑戦(2021/10/16)会員記事

■福岡10区 都市部から住宅街、農業地帯まで幅広く抱える北九州市東部。前回、接戦を制した自民で元地方創生相の山本幸三(73)、比例で復活当選した立憲の城井崇(48)を、維新新顔が追いかける展開になりそ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】「日本人好みではずれなし」

    プロ絶賛のロシア料理店

  • 写真

    【&Travel】フランス王妃が好んだ菓子

    欧州おいしい旅

  • 写真

    【&Travel】コロナ禍とギリシャの島

    おうちで世界旅行

  • 写真

    【&M】卵型の凝縮感あるスタイル

    初代「日産ムラーノ」

  • 写真

    【&w】多様性の街・ニューヨーク

    久保純子 LIFE in N.Y.

  • 写真

    好書好日女性とスピリチュアリティ

    妊娠・出産めぐる状況を考察

  • 写真

    論座新自由主義と非正規雇用

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自慢の手土産#71

    「明神水産」の藁焼きたたき

  • 写真

    Aging Gracefully近くに海がある暮らし

    暮らしのバランスを変える時

  • 写真

    GLOBE+自分の絶滅を早めている私達

    恐竜の運命から学ぶべきこと

  • 写真

    sippoシニアが保護犬猫を迎え

    万が一の時は保護団体が支援

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ