メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総務相

関連キーワード

  • 大阪府財政(2008年07月28日 夕刊)

    不況の影響で法人2税が大幅に落ち込む一方、人件費や府債(借金)が増大し、歳出が歳入を上回る赤字決算が98年度から続いている。橋下知事は6月、今年度1100億円、9年間で計7770億円の歳出削減をしなければ、総務相への報告義務などが生じる財政健全化団体に転落する恐れがあると発表。人件費や事業費の大幅削減、府立施設や出資法人の統廃合を進めている。

  • 政府税制調査会(2009年12月05日 朝刊)

    自公政権時は学者や経済人らから委員が選ばれ、税のあり方を首相に提言した諮問機関。一方、少数の有力議員が仕切った自民党税調が、毎年度の税制改正案を決める実権を握っていた。民主党政権は「権力の二重構造」と批判。政府の税調に一元化して透明性を高めた。藤井裕久財務相が会長に就き、菅直人国家戦略担当相や原口一博総務相、各省の副大臣ら政治家だけで構成し10月上旬に始動。たばこ税の増税などが議論されてきた。来年度の税制改正大綱を11日に取りまとめる予定。

  • 法定外税(2016年04月04日 朝刊)

    住民税など地方税法で定められた税目以外に、地方自治体が独自に条例をつくって課す税。産廃税や別荘税などが知られるが、核燃料税や使用済み核燃料税といった原子力関係が金額で全体の7割を占める。設置には総務相の同意が必要だが、不同意はこれまで1件のみ。原子力関係の税では電力会社側の意見を聴く仕組みがあるが、地方財政審議会では「電気料金を負担する住民の意見を聴取する機会も必要だ」とする指摘が出ている。

最新ニュース

写真・図版

不発の内閣改造、裏目に出た「説明」 官邸幹部「やれることはない」(2022/9/29)

■国葬の代償(第4回) 迷走 「今後は一切の関係を断つと言ってもらうしかない。それでいくしかない」 8月上旬、首相の岸田文雄は内閣改造・自民党役員人事を決断した。 このころ、岸田は二つの問題に直面して…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】がんの研究を続ける私に

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】戸次重幸さんインタビュー

    “かっこ悪いかっこよさ”とは

  • 写真

    【&Travel】日本最東端の銭湯「舞の湯」

    ニッポン銭湯風土記 北海道

  • 写真

    【&M】アメリカ留学×波止場のチャウダー

    忘れられない海の味

  • 写真

    【&w】スクールガールで扉を開く

    シトウレイの好きな服似合う服

  • 写真

    好書好日荷風の幻の初版本、5点公開

    発禁処分の「ふらんす物語」

  • 写真

    論座「余命宣告」から1年

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大野拓朗×ポール・スミス

    オーダースーツを初体験!

  • 写真

    Aging Gracefully人生100年時代の家族像とは

    女性が置かれている経済状況

  • 写真

    GLOBE+更生、再犯防止…

    長谷川平蔵が提案

  • 写真

    sippo元野犬がとうとう譲渡!?

    預かりボラの複雑な気持ち

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ