メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総務省消防庁

関連キーワード

  • 災害時要援護者(2014年09月04日 夕刊)

    災害時に避難することが困難で、支援を必要とする高齢者、障害者、外国人、乳幼児、妊婦ら。災害対策基本法の改正で今年4月から、市区町村には要援護者の名簿の作成が義務づけられた。必要に応じ、民生委員や自主防災組織などに名簿を提供できるようになった。総務省消防庁によると、昨年4月時点で73・4%の自治体が名簿を作成し、24・3%が作成中。

  • AED(2015年01月09日 夕刊)

    2004年7月の厚生労働省通知で、医療従事者以外でも使えるようになった。約40万台が一般向けに販売され、駅や学校などに設置されている。総務省消防庁によると、13年の1年間に2万5469人が心臓が原因で心肺停止状態になり一般人に発見されたが、AEDで電気ショックを与えられたのは3.6%の907人。一方、AEDが使われた人の1カ月後生存率は同年、初めて50%を超え、使われなかった人に比べて4.8倍高い数字だった。

  • 緊急地震速報と伝達手段(2009年11月19日 夕刊)

    気象庁が地震の初期微動(P波、秒速約7キロ)をとらえ、その後に来る大きな揺れ(S波、同約4キロ)の到達時間や揺れの強さを予測し、震度5弱以上の揺れが予想される地域に速報する。鉄道事業者や集客施設、各市町村などへの伝達は、総務省消防庁の全国瞬時警報システム(J—ALERT)が利用され、人工衛星を経由して1〜2秒で届く。

最新ニュース

大雪死者、20人超す 東京都心で初雪(2021/1/13)会員記事

 北陸を中心に日本海側で続いた7日からの大雪はピークを越えたが、12日も影響が続いた。各自治体などによると、全国で少なくとも9道県の21人が死亡。総務省消防庁によると、少なくとも254人がけがしたとい…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】2021年注目の城は?

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&TRAVEL】静岡でマグロや缶詰堪能

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】同業者が敬服

    国産クラフトビールの旗手

  • 写真

    【&w】ジュエリーで自信を彩る

    スリランカ 光の島の原石たち

  • 写真

    好書好日子育てに本当に役立つ本を

    カリスマ保育士てぃ先生

  • 写真

    論座緊急事態宣言の課題と克服法

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンキーホルダーとの理想の関係

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    Aging Gracefully晴れやかに過ごす方法

    40代以降、女性のカラダの悩み

  • 写真

    GLOBE+イタリア、孤立する被災者

    遅れる復興、コロナが追い打ち

  • 写真

    sippo奄美の猫救う譲渡型猫カフェ

    人のため動物が処分されぬよう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ