メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総合病院

関連キーワード

  • 佐久総合病院の再構築(2008年07月04日 朝刊)

    佐久市臼田(旧臼田町)にある現病永821床)が老朽化し、手狭になったため、JA長野厚生連が「地域医療センター」と、高度専門医療や救命救急医療を担う「基幹医療センター」に機能を分けて新設する計画。地域医療センターは現在地で建て替える。基幹医療センターは同市役所近くに用地を確保したが、市は病院が建設できない工業専用地域であり、1キロの距離に市立国保浅間総合病院があり医療の適正配置を崩すと反対している。

  • 公立藤岡総合病院(2010年04月22日 朝刊)

    22の診療科と395床(感染症4床)をもつ急性期病隠救急や小児医療など不採算医療にも取り組む。救急患者用の8床や手術後に24時間経過をみるための11床をもつ救急センターが設置されており、初期救急や二次救急を扱う。脳神経外科は医師が365日、すぐ駆けつけられる態勢をとっており、脳梗塞(こうそく)の3時間以内の血栓溶解治療では08年度、県内最多だった。急性心筋梗塞に対応する循環器科の場合、カテーテル治療をできるのは藤岡保健医療圏では同病院だけという。医療事務市町村組合は、合併で新町と吉井町が抜けたが、現在は吉井町の負担分を高崎市が肩代わりをし、藤岡市と神流町、上野村の2市1町1村で構成する。

  • 私立病院(2008年07月17日 夕刊)

    保健医療委員会に登録されている私立医療機関はイングランド地方で約2千。内訳は総合病院279、精神科病院192、ホスピス178など。一方、私立病院に運営を委託する「NHS治療センター」は、昨年で24カ所。06年に英国内で実施された白内障手術の4%、人工股関節手術の3.5%を占めた。

最新ニュース

7病院の再編・統合の検討 三重県知事「丁寧な議論を」(2019/10/22)有料記事

 厚生労働省が9月26日に公表した「再編・統合の検討が求められる病院」に、三重県内の7病院が入った。国は、各都道府県に2020年9月までに検討結果の報告を求めており、鈴木英敬知事は「即再編、統合という…[続きを読む]

総合病院をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ