メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

羽田孜

関連キーワード

  • 羽田孜(2017年12月19日 朝刊)

    1935年、羽田武嗣郎氏(当時新聞記者、後に衆院議員)の長男として出生。69年、衆院選に初当選。農林水産大臣や大蔵大臣を歴任。93年に政治改革を訴え、自民党を離党。同年、細川内閣の副総理兼外務大臣。94年、細川内閣退陣を受け、内閣総理大臣に就任。社会党の連立離脱で在任は64日間。14期連続当選、在職43年で2012年に政界を引退。13年に上田市名誉市民。

  • 現憲法下の首相の在任期間(2010年06月06日 朝刊)

    最短は羽田孜氏の64日(1994年4〜6月)。社会党の連立離脱による政権運営の行き詰まりが原因だった。続く65日は石橋湛山氏(56年12月〜57年2月)、69日は宇野宗佑氏(89年6〜8月)。鳩山氏ら最近の4首相はいずれも期間の短い順に10位以内に入る。最長は佐藤栄作氏の2798日(64年11月〜72年7月)。

最新ニュース

自民に転身の元厚相の甥、刺客は元首相の甥 衆院長野3区(2021/10/7)会員記事

 4年ぶりの衆院選が間近に迫っている。「世襲」がますます増える政界にあって、大物政治家の親族同士で対決する構図となりそうなのが、長野3区だ。 中選挙区時代から激しく争った井出正一元厚相と羽田孜元首相の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】破綻しかけた夫婦の転居録

    東京の台所2

  • 写真

    【&M】そもそも麴とはなんぞや?

    発酵デザイナーの食国探訪

  • 写真

    【&Travel】この男性が始めたことは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】神秘を感じるサウンド

    柴田聡子“亡霊感”のある曲

  • 写真

    【&w】中華街で出合ったパエリア

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日「猫が30歳まで生きる日」

    創薬に挑む宮崎徹教授が語る

  • 写真

    論座10・31総選挙の意味

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンマセラティを託された男。

    日本市場をどう切り開く?

  • 写真

    Aging Gracefully50代、何が見えますか

    輝き続ける50代の女性たち

  • 写真

    GLOBE+人身売買と闘うヒーローたち

    彼らはどんな人物なのか?

  • 写真

    sippo尻尾追いをする黒柴の子犬

    帰宅したらケージが血の海に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ