メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

考古学者

関連キーワード

  • 坊っちゃん(2010年11月05日 朝刊)

    夏目漱石が、1906年に文芸雑誌「ホトトギス」に発表した小説。漱石が旧制松山中学校に勤務した経験をもとに、「親譲りの無鉄砲」な青年教師の姿を描いた。登場人物のモデルには諸説ある。「赤シャツ」は漱石自身とされたり、金沢市出身の考古学者、横地石太郎とされたり。主人公「おれ」自身、漱石ではなく、松山中で漱石と同時期に教員をしていた山口県出身の弘中又一だとの説もある。

  • 蒲生君平(2013年01月19日 朝刊)

    1768(明和5)年、宇都宮で生まれた江戸時代の儒学、考古学者。林子平、高山彦九郎とともに「寛政の三奇人」と呼ばれた。全国の天皇陵や旧跡をめぐり「山陵志」を著した。著書の中で前方後円墳という用語を初めて使い、その名づけ親となる。1813(文化10)年、46歳で江戸で亡くなった。1912(大正元)年、蒲生君平先生九十九年祭執行の際、神社創建の話が起こり、県民をあげての賛同で26(大正15)年7月に蒲生神社本殿が完成した。

最新ニュース

写真・図版

(千田先生のお城探訪)2重堀と櫓門 侵攻防ぐ(2021/6/18)有料会員記事

■ヨーロッパ古城紀行(5)ドイツ・ザールブルク城 ドイツのフランクフルトには証券取引所やヨーロッパ中央銀行があり、高層ビルが立ち並ぶ。この街の歴史は古く、旧市街の中心には発掘したローマ時代の遺跡が見ら…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】戦国時代と江戸時代が共存

    城旅へようこそ・鳥取城

  • 写真

    【&w】人生にキャンプが必要な理由

    ほんやのほん

  • 写真

    【&Travel】世界最古のブドウの木

    スロベニア・マリボル

  • 写真

    【&M】トヨタ独自の美意識で作った

    スポーティーセダン・アリスト

  • 写真

    【&w】一瞬で心惹かれた出会い

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日光浦靖子さんが留学する理由

    語学学校に偽名で通ったけれど

  • 写真

    論座小林亜星さんについての反省

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新しい時代のワークスタイル

    スローンのアンサンブル

  • 写真

    Aging Gracefully髪の根もとのお悩みを解消

    セルフメンテでステキなヘアに

  • 写真

    GLOBE+コンテナで死亡のベトナム人

    家族の反対押し切った理由

  • 写真

    sippoお太りさま猫「ぐっぴー」

    花粉症かと思いきや衝撃の結果

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ