メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

考古学

関連キーワード

  • 水中考古学(2011年10月24日 夕刊)

    海底や湖沼など水の中を調査領域とする考古学。交易船やその積み荷などが対象となり、当時の社会や流通ルートなどを知る手がかりとなる。日本では北海道江差沖に沈んだ幕末の開陽丸の調査などが知られ、長崎・鷹島沖でも調査が続けられてきた。漁師の網に偶然かかった遺物などを手がかりにすることも多かったが、潜水機器の向上や全地球測位システム(GPS)の活用、海上の船からの音波探査など新たな技術も活用されるようになってきた。

  • イコモス(ICOMOS・国際記念物遺跡会議)(2008年05月24日 朝刊)

    本部はパリ。歴史的建造物や遺跡の保存と研究を目的に、65年に設立された国際非政府組織(NGO)。建築遺産や考古学遺産の専門家からなり、会員数は全世界で7千人以上。「世界遺産リスト」の登録・推薦物件を審査したり、世界文化遺産の保全状況を監視したりするほか、世界遺産条約の締結国から出された国際援助要請の審査なども行う。

  • 元素の質量(2009年05月03日 朝刊)

    同じ元素でも質量が違うものがあり、これを同位体と呼ぶ。化学の研究では水素や酸素、窒素などの同位体を、物質の構造や性質を調べるのに日常的に利用している。ほかに、フッ素はがんの診断、炭素は考古学上の遺跡の年代測定などに使われている。

最新ニュース

写真・図版

愛媛)水軍から海賊へ 今治市の博物館が4月改称(2020/3/28)有料記事

 愛媛県今治市大島の村上水軍博物館が4月、村上海賊ミュージアムに改名する。なぜ今、「水軍」から「海賊」へ名前を変えるのか。 博物館は宮窪町(現今治市)が建設し、2004年に開館した。因島、来島、能島の…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】ドライブの楽しみ方

    ラジオDJ・秀島史香さん

  • 写真

    【&TRAVEL】“何げない日常”への賛歌

    永瀬正敏フォトワークス・記憶

  • 写真

    【&M】レクサスUX200の走りと内装

    小川フミオの評価とは<PR>

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日馬鹿ブス貧乏のサバイバル術

    藤森かよこさんの人生指南

  • 写真

    論座新型コロナ発熱者を可視化へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンやはりBMWはカッコいい。

    M8グランクーペの魅力とは

  • 写真

    T JAPAN濱美奈子のハーモニー占星術

    4月のあなたの運勢は?

  • 写真

    GLOBE+新型コロナと日米同盟

    米軍重視、同盟国の感染状況

  • 写真

    sippo君は君のままでいい

    山育ちの元野良犬「ギー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ