メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

考古学

関連キーワード

  • 水中考古学(2011年10月24日 夕刊)

    海底や湖沼など水の中を調査領域とする考古学。交易船やその積み荷などが対象となり、当時の社会や流通ルートなどを知る手がかりとなる。日本では北海道江差沖に沈んだ幕末の開陽丸の調査などが知られ、長崎・鷹島沖でも調査が続けられてきた。漁師の網に偶然かかった遺物などを手がかりにすることも多かったが、潜水機器の向上や全地球測位システム(GPS)の活用、海上の船からの音波探査など新たな技術も活用されるようになってきた。

  • イコモス(ICOMOS・国際記念物遺跡会議)(2008年05月24日 朝刊)

    本部はパリ。歴史的建造物や遺跡の保存と研究を目的に、65年に設立された国際非政府組織(NGO)。建築遺産や考古学遺産の専門家からなり、会員数は全世界で7千人以上。「世界遺産リスト」の登録・推薦物件を審査したり、世界文化遺産の保全状況を監視したりするほか、世界遺産条約の締結国から出された国際援助要請の審査なども行う。

  • 元素の質量(2009年05月03日 朝刊)

    同じ元素でも質量が違うものがあり、これを同位体と呼ぶ。化学の研究では水素や酸素、窒素などの同位体を、物質の構造や性質を調べるのに日常的に利用している。ほかに、フッ素はがんの診断、炭素は考古学上の遺跡の年代測定などに使われている。

最新ニュース

写真・図版

血縁はないけれど インディ好き女性、老舗人形店を継ぐ(2019/5/24)有料記事

 400年以上の歴史があるとされる宮崎の伝統工芸品「佐土原(さどわら)人形」。作り手が減り、伝統の継承が危ぶまれる中、30代の女性が血縁者以外で初めて老舗人形店の窯元になった。「古地図に載るこの店の歴…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ