メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

耐用年数

関連キーワード

  • 次期輸送機(CX)(2009年07月25日 朝刊)

    73年に運用が始まった航空自衛隊の現在の主力輸送機C1(26機保有)が耐用年数を迎えるため、防衛省が01年度から開発を進めている次期輸送毅40機を調達する予定。海上自衛隊のP3C哨戒機の後継丘PX」と同時開発を進めており、開発費はCXとPXあわせて約3400億円。C1が貨物を2・6トン積んだ際の航続距離が1700キロであるのに対し、CXは12トン積んだ際の航続距離が6500キロと、輸送力が大幅に向上する。

  • 防災フロート(2012年02月25日 夕刊)

    鋼鉄やコンクリートで造られた縦横数十メートル、厚さ数メートルの箱形の海上施設。地震で壊れた岸壁に代わり、臨時の船着き場として緊急物資の陸揚げ拠点となる。三大湾に配備されているフロートの耐用年数は30年だ。

  • ブルートレイン(2009年11月21日 夕刊)

    1956年、東京と博多を結んだ「あさかぜ」が元祖。松本清張の推理小説「点と線」にも登場し、「走るホテル」と呼ばれた。高度経済成長とともに本数を増やし、75年の山陽新幹線博多開業前には1日20本以上の列車が東京や関西から九州に乗り入れた。しかし、新幹線や飛行帰高速バスの拡充に押され、今年3月、「富士・はやぶさ」(東京—大分・熊本)を最後に九州からは姿を消した。現在は、東北を中心に「北斗星」(上野—札幌)、「日本海」(大阪—青森)など4本が残るが、車両の耐用年数が近づいている。

最新ニュース

写真・図版

地上まであと少し…残念な博多駅エスカレーター、解消へ(2019/12/4)有料記事

 地上までつながっていない不便な博多駅地下のエスカレーターが、改善される見通しになった。土地の管理者が複数にまたがるなどの悪条件から、30年以上放置されていたが、福岡市が新たな設計に着手した。 このエ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】デンマーク王室御用達の器で

    ご当地料理をカジュアルに

  • 写真

    【&TRAVEL】下川裕治、北極圏を目指す

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】直線を生かしたスタイル

    フィアット・リトモ

  • 写真

    【&w】舞台挨拶アリ完成披露試写へ

    映画『風の電話』西島秀俊ほか

  • 写真

    好書好日ミヤザキハヤオの闇と光

    米研究者が迫る巨匠の世界観

  • 写真

    論座旭化成より早かった特許の謎

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンフルラの新作バッグ特集

    ブラックコンセプトライン

  • 写真

    T JAPANこのパネトーネがすごい!

    日本初の専門店がオープン

  • 写真

    GLOBE+YouTubeが開いた新施設

    使えるのは人気者だけ

  • 写真

    sippo老猫に赤いちゃんちゃんこ

    インスタ映え狙うと、事件が…

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ