メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

耐震性

関連キーワード

  • 水道管の耐震性(2015年01月19日 朝刊)

    水道管には、ダクタイル鋳鉄管や鋼管、ポリエチレン管、ステンレス管などの種類がある。このうち「耐震管」と呼ばれるものは、溶接や歯止めなどをして、地震の揺れで継ぎ手部分が抜けにくくなっているもの。

  • 長期優良住宅の認定基準(2009年08月27日 朝刊)

    劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の九つ。具体的には、建築基準法の1・25倍の耐震性、一定の面積(一戸建て75平方メートル以上、共同住宅55平方メートル以上)などを求めている。

  • 三原市庁舎移転問題(2011年06月30日 朝刊)

    現在の三原市役所は1965年建設。96年の耐震診断で「震度6で倒壊の恐れがある」と診断され、耐震性に問題があるうえ、狭く、駐車場が少ないことから合併特例債を使って新庁舎を建設することで合併時に合意。新三原市となった後の市議会で移転建て替えする方針になったのは、現在地は土地が細長く狭いうえ、仮庁舎への移転時に電算システムの維持が難しいなどが理由だった。

最新ニュース

写真・図版

長崎)旧長崎署の「保存活用を」 平和研究所が県に上申(2019/6/25)有料記事

 長崎総合科学大学長崎平和文化研究所の上薗恒太郎所長らが24日、長崎県庁を訪れ、長崎市江戸町にある旧長崎警察署(旧県庁第3別館)などの保存・活用を申し入れた。上薗氏は「学問的な検討から保存すべきだとの…[続きを読む]

耐震性をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ