メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

聖火ランナー

関連キーワード

  • 映画アンブロークン(2015年03月17日 朝刊)

    意味は「不屈」。太平洋戦争で旧日本軍の捕虜となった米国の元五輪陸上選手ルイス・ザンペリーニ氏(1917〜2014)の半生を描く。原作は全米ベストセラーのノンフィクション。爆撃機が太平洋に不時着し、捕らえられたザンペリーニ氏は、東京・大森や新潟・直江津の収容所で2年にわたり虐待を受けた。竹刀やベルトのバックルで殴られ、捕虜同士で殴り合いもさせられた。戦後は復讐(ふくしゅう)心に苦しんだが、キリスト教の「許し」の教えに救われ、1998年の長野五輪で80歳の聖火ランナーとしてかつての敵国を訪れる。

  • アンブロークン(2015年04月02日 夕刊)

    意味は「不屈」。太平洋戦争で旧日本軍の捕虜となった米国の元五輪陸上選手ルイス・ザンペリーニ氏(1917〜2014)の半生を描く。原作は全米ベストセラーのノンフィクション。爆撃機が太平洋に不時着し、捕らえられたザンペリーニ氏は、東京・大森や新潟・直江津の収容所で看守から2年にわたり執拗(しつよう)な虐待を受けた。竹刀やベルトのバックルで殴られ、捕虜同士で殴り合いもさせられた。戦後は復讐(ふくしゅう)心に苦しんだが、キリスト教の「許し」の教えに救われ、1998年の長野五輪で80歳の聖火ランナーとしてかつての敵国を訪れる。

  • 五輪・パラリンピックと聖火リレーの延期(2020年07月04日 朝刊)

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕は五輪が当初の今月24日から来年7月23日、パラリンピックが今年8月25日から来年8月24日にそれぞれ延期となった。それに伴い聖火リレーも延期に。県内258区間をつなぐ予定だった聖火ランナーは、延期後の大会でも優先的に参加できるようにするという。

最新ニュース

写真・図版

(TOKYO2020+1)人生変えた五輪、伝えたい 苦手な運動克服し聖火伴走、元少年の「博物館」(2021/1/18)会員記事

 走ればいつもビリ。「運動オンチ」とからかわれ続けた少年を変えたのが、半世紀ほど前の五輪だった。大人になった少年は、「日本一小さな五輪博物館」を開いた。新型コロナウイルス禍の先行きを案じながら、この目…[続きを読む]

聖火ランナーをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ