メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

聴覚障害者

関連キーワード

  • デフリンピック(2017年07月16日 朝刊)

    4年に1度の聴覚障害者のスポーツの国際大会。「Deaf(デフ)」は英語で聴覚障害者や耳が聞こえないことを意味する。パラリンピックには聴覚に障害がある選手の競技種目はない。7月18日に開幕するトルコ・サムスン大会は23回目の夏季大会。日本は選手・スタッフ計177人が参加し、11競技に出場する。公平性を守るため、競技会場では補聴器など聞き取りの補助をする器具は外さなければならない。

  • 高齢運転者等専用駐車区間(2010年05月11日 朝刊)

    制度を利用できるのは▽70歳以上の高齢者▽妊娠中または出産後8週間以内の女性▽身体障害者または聴覚障害者マークを交付されている人。最寄りの警察署で交付される標章をフロントガラスなど外から見える場所に置けば、駐車が可能となる。警察庁によると、同制度の専用区間は全国に362カ所設けられ、約1148台分が確保されているという。

  • 緊急告知ラジオ(2014年10月07日 夕刊)

    緊急地震速報や自治体の避難勧告などと連動し、地域FM局の放送に割り込んで防災情報を伝える。特別な電波信号を受信すると電源を切っていても自動的に起動し、大音量で情報を流す。ライトも点灯するので聴覚障害者も気づくことができる。

最新ニュース

はがき通信 平成テレビの思い出(2019/6/22)有料記事

 ■お金の切なさ 平成で一番印象に残ったドラマは2007年の「ハゲタカ」(NHK)です。経済に疎い私にとって、ゴールデンパラシュートなどの経済用語は珍しかったです。大森南朋さんは、主人公鷲津のお金に対…[続きを読む]

聴覚障害者をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ