メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

肝がん

関連キーワード

  • インターフェロン治療(2008年11月12日 夕刊)

    インターフェロンの投与で肝炎ウイルスを体内から排除する治療烹B型肝炎なら約3割、C型肝炎なら約5〜9割の患者が完治するとされる。完治しなくても肝炎症状を抑えれば、肝がんへの進行を遅らせる発がん予防になる。発熱や不眠などの強い副作用が出ることが多く、途中で治療をやめざるをえない場合もある。

  • 薬害C型肝炎問題(2009年02月01日 朝刊)

    汚染された血液製剤を出産や手術の際の止血に使い、妊婦や患者がC型肝炎ウイルスに感染したとされる。感染すると慢性肝炎を経て肝硬変や肝がんに進むことが多い。患者が国と製薬企業に損害賠償を求めた訴訟では、仙台を除く4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁が07年に和解勧告を出し、福田前首相が議員立法での救済を表明。昨年1月に被害者救済法が成立した。同法により、投薬証明できる患者は給付金を受けられるようになったが、B型肝炎を含む約350万人の肝炎患者の大半は救済対象から漏れている。

  • 薬害肝炎問題と救済策(2009年09月23日 朝刊)

    ウイルス型肝炎の大半は汚染された輸血、血液製剤を出産や手術時の止血に使われるなどして、感染したとされる。慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する危険性が高い。各地裁で患者側の勝訴が相次ぎ、08年1月に救済法が成立したが、患者や遺族が給付金を受けるには、投薬を証明するカルテなどを付けて裁判所に提訴する必要がある。350万人いるとされるB型とC型患者のほとんどが救済枠から外れている。

最新ニュース

写真・図版

伍代夏子さん、肝炎検査呼びかけ C型肝炎治療を経験(2018/7/20)

 肝炎のことを多くの人に知ってもらおうと、歌手の伍代夏子さん(56)が18日、群馬県の大沢正明知事を表敬訪問した。伍代さんは「身に覚えがなくても、まずは検査をして」と呼びかけた。 進行すると肝硬変や肝…[続きを読む]

肝がんをコトバンクで調べる

写真

  • 肝炎対策の重要性を訴える伍代夏子さん=2018年7月18日、群馬県庁
  • 坂上忍が石原裕次郎さんの妻・まき子さんにインタビュー(C)フジテレビ
  • おたふく風邪ワクチンを導入していない国/日米のワクチン定期接種導入年/予防接種をめぐる国内の出来事
  • 佐々木淳・悠翔会理事長
  • 佐々木淳・悠翔会理事長
  • 製品の開発が進む主な病気と企業
!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】あえて専用機を選ぶ!

    手頃な音楽プレーヤー

  • 写真

    【&TRAVEL】目的地で使えるフリー切符は

    おとな女子のひとり旅

  • 写真

    【&M】もはや新しい料理?

    すし職人のフィッシュバーガー

  • 写真

    【&w】手探りでいつしか人気店に

    地元密着型のブックカフェ

  • 写真

    好書好日和洋折衷の痛快アクション

    「BLEACH」佐藤信介監督

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPANG・マッタ=クラーク回顧展

    彼が空き家を二つに切った理由

  • 写真

    GLOBE+世界はどこに向かうのか

    朝日地球会議インタビュー

  • 写真

    sippo繁殖業者が手放した白い犬

    「もう産めないから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ