メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

肺がん

関連キーワード

  • 胃がん・肺がん検診(2010年04月01日 朝刊)

    胃がん検診では、胃を膨らませる発泡剤と、胃の粘膜が見えやすくなるようX線を反射するバリウムという造影剤を事前に飲み、胃にX線を当てながら7〜8枚撮影する。肺がん検診は肺全体にX線を当てながら1〜2枚撮影する。50歳以上でたばこを多く吸うなどリスクの高い人には、たんの中にがん細胞が含まれていないかを調べる喀痰(かくたん)検査も併せて実施する。いずれも40歳以上を対象に、年1回実施される。

  • 肺がん治療薬イレッサ(2011年02月26日 朝刊)

    一般名ゲフィチニブ。英国の製薬大手アストラゼネカが開発し、日本が02年7月に世界で初めて輸入を承認した。日本人に多い「非小細胞肺がん」に効果があるとされる飲み薬で、年約1万6千人が使っている。一方で、販売直後から服用後に重い肺炎にかかる人が相次ぎ、昨年9月までに819人の死亡が国に報告された。日本肺癌(がん)学会は05年3月、効果が期待できる患者を対象に使う診療方針を示した。米国は新規患者への使用を禁じている。

  • 受動喫煙(2014年07月29日 朝刊)

    たばこの先から出る煙にも有害物質が含まれており、他人の煙を吸った人にも、呼吸機能の低下や肺がんなどの健康被害が出るとされる。米モンタナ州の都市では、受動喫煙禁止法の施行後に心筋梗塞(こうそく)の入院患者が激減したというデータがある。たばこを吸われた部屋や衣類などに染みついた残留成分による「3次受動喫煙」の健康被害の可能性も指摘されている。

最新ニュース

写真・図版

三遊亭円楽さん死去 「笑点」、毒舌キャラ人気 72歳(2022/10/1)

 演芸番組「笑点」のレギュラーとして活躍した落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名会泰通〈あい・やすみち〉)さんが30日、肺がんで死去した。72歳だった。葬儀は近親者で営む。後日、お別れの会…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】何もない場所を撮ったわけ

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】がんの研究を続ける私に

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】安藤建築の粋、新感覚ステイ

    京都ゆるり休日さんぽ 丸福樓

  • 写真

    【&M】本格派インドの味を松本で

    口福のカレー

  • 写真

    【&w】母の夢は移動式本屋

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日リュウジさんが2度目の栄冠

    料理レシピ本大賞をリポート

  • 写真

    論座「余命宣告」から1年

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大野拓朗×ポール・スミス

    オーダースーツを初体験!

  • 写真

    Aging Gracefully増田惠子さんインタビュー

    ソロデビューして40年〈前編〉

  • 写真

    GLOBE+民主党逆転の可能性

    アメリカ中間選挙、一体何が?

  • 写真

    sippo放置されていた病気の高齢犬

    動物看護師は別れの時まで共に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ