メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

肺がん

関連キーワード

  • 胃がん・肺がん検診(2010年04月01日 朝刊)

    胃がん検診では、胃を膨らませる発泡剤と、胃の粘膜が見えやすくなるようX線を反射するバリウムという造影剤を事前に飲み、胃にX線を当てながら7〜8枚撮影する。肺がん検診は肺全体にX線を当てながら1〜2枚撮影する。50歳以上でたばこを多く吸うなどリスクの高い人には、たんの中にがん細胞が含まれていないかを調べる喀痰(かくたん)検査も併せて実施する。いずれも40歳以上を対象に、年1回実施される。

  • 肺がん治療薬イレッサ(2011年02月26日 朝刊)

    一般名ゲフィチニブ。英国の製薬大手アストラゼネカが開発し、日本が02年7月に世界で初めて輸入を承認した。日本人に多い「非小細胞肺がん」に効果があるとされる飲み薬で、年約1万6千人が使っている。一方で、販売直後から服用後に重い肺炎にかかる人が相次ぎ、昨年9月までに819人の死亡が国に報告された。日本肺癌(がん)学会は05年3月、効果が期待できる患者を対象に使う診療方針を示した。米国は新規患者への使用を禁じている。

  • 受動喫煙(2014年07月29日 朝刊)

    たばこの先から出る煙にも有害物質が含まれており、他人の煙を吸った人にも、呼吸機能の低下や肺がんなどの健康被害が出るとされる。米モンタナ州の都市では、受動喫煙禁止法の施行後に心筋梗塞(こうそく)の入院患者が激減したというデータがある。たばこを吸われた部屋や衣類などに染みついた残留成分による「3次受動喫煙」の健康被害の可能性も指摘されている。

最新ニュース

医療事故2件で和解 計3900万円の支払い(2018/11/21)

 青森市の青森県立中央病院で2017年8月、気管支の内視鏡検査後に女性(当時70)が倒れ、その後死亡する医療事故が起きていたことがわかった。また、同年2月に硬膜下血腫の治療で男性(74)の脳を傷つけ、…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】携帯型アロマディフューザー

    「香り」を持ち歩く生活

  • 写真

    【&TRAVEL】飛驒・高山城と「古い町並」

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】吉本実憂“やばい”女の子役

    映画『レディinホワイト』

  • 写真

    【&w】鹿児島の焼酎でも肴は魚介

    クリトモのさかな道

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ