メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

胃がん

関連キーワード

  • 胃がん・肺がん検診(2010年04月01日 朝刊)

    胃がん検診では、胃を膨らませる発泡剤と、胃の粘膜が見えやすくなるようX線を反射するバリウムという造影剤を事前に飲み、胃にX線を当てながら7〜8枚撮影する。肺がん検診は肺全体にX線を当てながら1〜2枚撮影する。50歳以上でたばこを多く吸うなどリスクの高い人には、たんの中にがん細胞が含まれていないかを調べる喀痰(かくたん)検査も併せて実施する。いずれも40歳以上を対象に、年1回実施される。

  • ピロリ菌(2017年04月11日 朝刊)

    胃の粘膜にすみつく細菌。正式名はヘリコバクター・ピロリ。強酸性の胃の中でも生存できる。感染すると長くすみつき、胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がんなど様々な病気の発症に関係する。

  • 射水市民病院の人工呼吸器外し事件(2009年12月22日 朝刊)

    2000〜05年、射水市の射水市民病院に入院していた50〜90代の患者7人が、当時の外科部長ら医師2人に人工呼吸器を外され死亡した。呼吸器を外すよう指示された看護師が病院幹部に相談して発覚し、06年3月に病院が公表した。死亡した7人には、末期の胃がんや膵楕すいぞう)がんのほか、肺炎が悪化して心肺停止となった患者や認知症に加えて急性腎不全になった患者もいた。届けを受けた県警は08年7月、医師2人を殺人容疑で書類送検した。

最新ニュース

写真・図版

福島)闘う町長の最期 息子が知った浪江町への父の思い(2019/2/17)有料記事

 昨年末、朝日新聞全国版の連載「てんでんこ」で、原発事故の対応に奔走した福島県浪江町の馬場有(たもつ)前町長を取り上げた。「後世に書き残して欲しい」。そうして始まった馬場氏との口述筆記を通して、原発周…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で本格的なおつまみを

    いろんなものを燻製できちゃう

  • 写真

    【&TRAVEL】ヒマラヤ・トレッキングへ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】居心地のいい室内に足まわり

    やっぱりオフロードが似合う

  • 写真

    【&w】世界2位の実力派ピッツァ

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    好書好日室町ブームの先駆者が新作

    朝松健さん「一休シリーズ」

  • 写真

    WEBRONZA水道法改正と沖縄の水汚染

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンマッシュポテトの絶品レシピ

    バターとオリーブの豊かな香り

  • 写真

    T JAPANシャンパーニュの芸術品

    「ペリエ ジュエ」の美しさの秘密

  • 写真

    GLOBE+恋チュン王女のドタバタ

    タイ政治を元特派員が読む

  • 写真

    sippo映画「ねことじいちゃん」

    柴咲さん「まるで猫セラピー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ