メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

胃がん

関連キーワード

  • 胃がん・肺がん検診(2010年04月01日 朝刊)

    胃がん検診では、胃を膨らませる発泡剤と、胃の粘膜が見えやすくなるようX線を反射するバリウムという造影剤を事前に飲み、胃にX線を当てながら7〜8枚撮影する。肺がん検診は肺全体にX線を当てながら1〜2枚撮影する。50歳以上でたばこを多く吸うなどリスクの高い人には、たんの中にがん細胞が含まれていないかを調べる喀痰(かくたん)検査も併せて実施する。いずれも40歳以上を対象に、年1回実施される。

  • ピロリ菌(2017年04月11日 朝刊)

    胃の粘膜にすみつく細菌。正式名はヘリコバクター・ピロリ。強酸性の胃の中でも生存できる。感染すると長くすみつき、胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がんなど様々な病気の発症に関係する。

  • 射水市民病院の人工呼吸器外し事件(2009年12月22日 朝刊)

    2000〜05年、射水市の射水市民病院に入院していた50〜90代の患者7人が、当時の外科部長ら医師2人に人工呼吸器を外され死亡した。呼吸器を外すよう指示された看護師が病院幹部に相談して発覚し、06年3月に病院が公表した。死亡した7人には、末期の胃がんや膵楕すいぞう)がんのほか、肺炎が悪化して心肺停止となった患者や認知症に加えて急性腎不全になった患者もいた。届けを受けた県警は08年7月、医師2人を殺人容疑で書類送検した。

最新ニュース

ゲノム編集技術「CRSPR/Cas9」に限界説(2018/10/18)

 筆者はこれまで「人間の生殖細胞系に対するゲノム編集」に議論の対象をしぼってきた。つまり受精卵などのゲノムを改変することによってその結果が未来世代にまで伝わるゲノム編集についてである。これは、英語圏で…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】本人だと気づかない靴の臭い

    靴脱臭機でリフレッシュ

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】まずは気軽に体験しよう

    キャンプ車レンタルの注意点

  • 写真

    【&w】好きな家事は何?

    木村文乃さんに10の質問

  • 写真

    好書好日橋本愛さん、原作への愛

    映画「ここは退屈迎えに来て」

  • 写真

    WEBRONZAハズキルーペのCMを分析

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン未知の国・ポーランドの旅

    歴史あるホテルに泊まってみた

  • 写真

    T JAPANチャリティオークション開催

    坂本龍一のサイン入り新譜も!

  • 写真

    GLOBE+なぜ私は紛争地に行くのか

    MSF看護師、白川優子さん

  • 写真

    sippo道で野良の子猫を見かけた…

    放置できない、どうする?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ