メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

胃潰瘍

関連キーワード

  • ピロリ菌(2017年04月11日 朝刊)

    胃の粘膜にすみつく細菌。正式名はヘリコバクター・ピロリ。強酸性の胃の中でも生存できる。感染すると長くすみつき、胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がんなど様々な病気の発症に関係する。

  • エチゾラム(2006年05月26日 朝刊)

    医師の処方箋(せん)が必要。不安や緊張、睡眠障害を和らげる効能がある。直径6ミリ前後の白い錠剤で、大きいもので直径約1センチ。服用すると眠気が襲ってくる。過剰に飲むと意識障害、肝機能障害などの副作用が出る。うつ病や神経症で処方されるほか、胃潰瘍(かいよう)や筋肉の緊張を和らげる効能もあり、精神科、内科、整形外科などで処方している。

最新ニュース

写真・図版

(惜別)志村けんさん コメディアン(2020/5/2)有料記事

 ■笑いの天才、垣間見えた孤独 3月29日死去(新型コロナウイルスによる肺炎) 本名・志村康徳 70歳 「コントは一生続けるだろうね。芸人としてまだまだだと思うし、お笑いに『もうこれでいい』ということ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ