メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

脚本家

関連キーワード

  • 放送倫理検証委員会(2009年04月29日 朝刊)

    BPOは正確な放送と放送倫理向上のための第三者機関として、NHKと民放連などが03年に設立した。放送倫理検証委のほか、放送人権委員会、放送と青少年に関する委員会がある。検証委は必要に応じて「意見」を公表する。虚偽の内容で視聴者に著しい誤解を与えた番組が放送された場合には、意見より強い「勧告」や「見解」を出し、放送局に再発防止策の提出を求めることもできる。現在の委員は以下の通り(敬称略)。【委員長】川端和治(弁護士)【委員長代行】上滝徹也(日本大芸術学部教授)、小町谷育子(弁護士)【委員】石井彦壽(東北大法科大学院教授)、市川森一(作家・脚本家)、里中満智子(漫画家)、立花隆(評論家)、服部孝章(立教大教授)、水島久光(東海大教授)、吉岡忍(作家)

  • いのちを守る森の防潮堤(2012年07月29日 朝刊)

    震災がれきと広葉樹を組み合わせた防潮堤で、横浜国立大の宮脇昭名誉教授(植物生態学)が提案している。がれきと土を混ぜた丘の上にタブノキなどの広葉樹の森をつくって、津波被害の減災を目指す。細川護熙元首相や、脚本家の倉本聰氏らが活動を推進している。県内では、全県議が参加する議員連盟が活動を推進する。5月末には、岩沼市が試験的に高さ4メートルの丘を完成させた。

  • 宮藤官九郎(2013年09月11日 朝刊)

    1970年生まれ。宮城県出身。あまちゃんにも出演する松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属。脚本家のほか映画監督や俳優としても有名。

最新ニュース

写真・図版

「りんご娘」生みの親 地域にもっとワクワクを(2021/5/9)

 ご当地アイドルが、地域に元気を与えながら成長していく――。ドラマ「あまちゃん」のような物語が、青森県では実話になっている。「主人公」は、津軽地域の女子4人のグループ「りんご娘」。県内で子どもからお年…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】初夏のメイク、トレンドは?

    薄塗り軽やか、素肌感

  • 写真

    【&TRAVEL】嵐で流木にぶつかる!

    カヌーでユーコン川下り(3)

  • 写真

    【&M】「レクサスはつまらない」

    酷評された屈辱をバネに

  • 写真

    【&w】習い事、はじめました

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    好書好日生きるヒントを込めた一杯

    マンガで学ぶ移動珈琲屋の仕事

  • 写真

    論座「ソンダー」で差別をなくす

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン贈り物にふさわしい

    ブルガリのギフトコレクション

  • 写真

    Aging Gracefully企業向けのオンライン勉強会

    エンパワーメントを目指して

  • 写真

    GLOBE+権利求める障害者わがまま?

    全盲の弁護士が断言した内容

  • 写真

    sippo保護犬の預かりボランティア

    留守番、時間のやりくりのコツ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ