メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

腎不全

関連キーワード

  • 射水市民病院の人工呼吸器外し事件(2009年12月22日 朝刊)

    2000〜05年、射水市の射水市民病院に入院していた50〜90代の患者7人が、当時の外科部長ら医師2人に人工呼吸器を外され死亡した。呼吸器を外すよう指示された看護師が病院幹部に相談して発覚し、06年3月に病院が公表した。死亡した7人には、末期の胃がんや膵楕すいぞう)がんのほか、肺炎が悪化して心肺停止となった患者や認知症に加えて急性腎不全になった患者もいた。届けを受けた県警は08年7月、医師2人を殺人容疑で書類送検した。

  • 腸管出血性大腸菌O(オー)157(2017年08月24日 朝刊)

    O157などの菌が口から体内に入ることで胃腸の病気が起きる。潜伏期間は3〜9日。主な症状は発熱や下裏腹痛、血便など。無症状のこともあるが、抵抗力の弱い人らは急性腎不全など溶血性尿毒症症候群(HUS)になり重症化することがある。菌は牛などの腸内に一般的にあり、水や食物を介したり、人から人へうつったりする。O157は感染力が強く、気温の低い時期も発生する。

  • 腸管出血性大腸菌O(オー)157(2017年08月24日 朝刊)

    O157などの菌が口から体内に入ることで胃腸の病気が起きる。潜伏期間は3〜9日。主な症状は発熱や下裏腹痛、血便など。無症状のこともあるが、抵抗力の弱い人らは急性腎不全など溶血性尿毒症症候群(HUS)になり重症化することがある。菌は牛などの腸内に一般的にあり、水や食物を介したり、人から人へうつったりする。O157は感染力が強く、気温の低い時期も発生する。

最新ニュース

写真・図版

寝床で脚がむずむず…不眠にも 週2以上なら治療を(2019/9/20)有料記事

■患者を生きる・眠る「むずむず脚症候群」(5:情報編) 眠る時や、静かに椅子に座っている時、ふくらはぎがむずむずしてたまらない――。むずむず脚症候群は、こんな症状の病気だ。じっとしていられず、不眠症に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ