メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

腫瘍

関連キーワード

  • ホルモン補充療法の対象患者(2009年06月12日 朝刊)

    日本泌尿器科学会と日本メンズヘルス医学会は07年1月、LOH症候群を診療する手引を作った。この中で、男性ホルモンの一種(血中遊離型テストステロン)が、20代男性の平均分泌量の半分以下で、前立腺がんの腫瘍(しゅよう)マーカーであるPSAの値が血中1ミリリットルあたり2ナノ(ナノは10億分の1)グラム未満の男性を対象と定めた。海外ではPSAが4ナノグラム未満で実施する場合があり、実施の場合は慎重に検討する。睡眠時無呼吸症候群の患者は症状が悪化する場合あり対象外。

  • 子宮筋腫と子宮腺筋症(2010年04月08日 朝刊)

    筋腫は子宮にできる良性の腫瘍(しゅよう)、腺筋症は内膜症の一種で子宮の壁の一部がこぶのように硬くなったりする。どちらも重い生理痛や大量の出血などの症状がある。新須磨病院によると、どちらの病気も手術やホルモン治療など8〜10種類の治療方法があるが、重症化すると子宮を摘出しなくてはならなくなる場合もあるという。

  • 悪性中皮腫(2012年03月24日 朝刊)

    肺や胃、腸などの表面を覆う膜の細胞に生じる悪性の腫瘍(しゅよう)。アスベストに含まれる成分が原因となってがん化する。石綿を吸い込んだ量が少なく、期間が短くても発症し、潜伏期間がある。

最新ニュース

写真・図版

山形)重粒子線がん治療装置、深夜の搬入 山形大(2018/10/21)

 山形大学が2020年から治療を開始する予定の重粒子線がん治療施設の装置の部品が20日未明、同大医学部がある飯田キャンパス(山形市飯田西2丁目)に運び込まれた。 午前0時半すぎ。直径5・5メートル、重…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】携帯型アロマディフューザー

    「香り」を持ち歩く生活

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】ハライチ岩井勇気の相方論

    「総合力なら澤部が一番」

  • 写真

    【&w】近代建築の巨匠が設計の豪邸

    セレブの豪邸

  • 写真

    好書好日美人姉妹と火山の奇妙な関係

    温泉地奇譚「噴煙姉妹」刊行

  • 写真

    WEBRONZA人間としての官僚論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「呼きつね」のいなり寿司

    自慢の手みやげを贈ろう

  • 写真

    T JAPAN“場のアート”とは何か?

    注目作家リー・キットの個展

  • 写真

    GLOBE+「モッパン」知ってますか

    世界に広がる「食べる動画」

  • 写真

    sippo元野良猫が家に来て10日

    夜泣き治まり、思わぬ変化も

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ