メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

臨床心理士

関連キーワード

  • 地域若者サポートステーション(2008年08月10日 朝刊)

    全国で約62万人いるとされる未就学、未就職の若者(主に15〜34歳)を対象に自立を支援する。厚生労働省と地方自治体の委託事業でNPO(非営利団体)などが設置し、キャリアカウンセラーや臨床心理士による個別相談、自立支援プログラムなどが利用できる。昨年度までに全国50カ所で開かれ、今年度は77カ所まで増える予定。

  • 大分被害者支援センター(2008年08月17日 朝刊)

    00年8月、旧野津町(現臼杵市)で起きた一家殺傷事件を受けて被害者支援の機運が高まり、03年7月、臨床心理士の金子進之助・別府大短期大学部教授が中心になり設立。犯罪被害者から電話や面談で相談を聞き、法律や心のケアの専門家を紹介したり、裁判や病院に付き添ったりしている。06年9月に社団法人化した。相談受け付けは平日午前10時〜午後4時(火、木曜は午後7時〜午後9時も)。相談番号は(097・532・7711)。

  • 児童養護施設の心理担当職員(2009年01月24日 朝刊)

    99年以降、被虐待児が10人以上いるなど一定の基準を満たすと、心理療法担当の職員の人件費を国と県が半分ずつ負担する。現在、県内の22児童養護施設に計38人(08年4月)の臨床心理士がいる。心理的ケアを受けている子どもの数は、心理士1人につき平均12人。心理士がいない施設がある一方、あゆみ学園のように、2人配置している施設もある。2人目以上の人件費は原則施設が負担する。

最新ニュース

写真・図版

栃木)県教委がLINEで悩み相談 新学期に合わせ(2019/8/24)有料記事

 県教育委員会は今夏、SNSを使って高校生らの相談を受け付ける取り組みに初めて挑戦している。高校生が日常的に使っている無料通信アプリのLINEを活用することで、電話や手紙よりも気軽に相談してもらえたら…[続きを読む]

臨床心理士をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ