メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自助グループ

関連キーワード

  • 病的賭博(2010年05月26日 朝刊)

    (ギャンブル依存症)1980年に米国で精神疾患として認定。その後、世界保健機関の疾病分類にも組み入れられた。欧米の数値を参考にすれば、国内の患者数は150万人以上と推測される。治療法は、医師の診察や国内約100カ所の自助グループへの参加などがあるが、米国に比べると取り組みは遅れている。

  • ギャンブル依存症(2014年01月08日 朝刊)

    「病的賭博」の通称。賭博をやめられず借金を重ねて生活破綻を招き、世界保健機関(WHO)は国際疾病分類で精神疾患の一つと定めている。国内法はパチンコ・パチスロを「遊技」とみなすが、厚労省は「ギャンブル性の高いパチンコ・パチスロは病状を引き起こしており、依存症の対象」としている。医療関係者によると、日本では依存症の原因の8割以上がパチンコ・パチスロという。自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」は12年11月現在、全国に134カ所ある。

  • びわこダルク(2011年11月24日 朝刊)

    2002年開設。大津市内にある2カ所の施設には、睡眠薬や覚醒剤などの薬物依存症と闘う30〜60代の15人が入所、6人が通所している。元患者のスタッフの支援を受けながら、利用者同士や地域の自助グループのミーティングに参加し、回復を目指している。

最新ニュース

芸術はどんな楽しみなのか?(2019/10/4)

 私は日頃、大学院の志望者に対して、その入試科目となる小論文の書き方を指導している。たとえば、ロースクールやMBAなどは、入学試験には必ず小論文を書かせる。幸いなことに、今年も何人も合格者が出た。 た…[続きを読む]

自助グループをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ