メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自己破産

関連キーワード

  • 自己破産と免責(2012年11月21日 夕刊)

    借金が返せなくなった人は裁判所に自己破産を申し立てることができる。破産管財人が収入や残った財産を調べ、資産があれば「配当」として債権者に分け、なければ手続きは終わる。同時に借金の返済が免除される「免責」も申し立てたことになる。免責が認められても、資産隠しなどの不正が見つかると取り消される。

  • 自己破産と個人再生(2020年04月18日 夕刊)

    借金などの債務が返済できなくなったときに裁判所に申し立てる手続き。破産は自宅などの財産を換金し債権者に分配する。一方、個人再生は継続的な収入の見込みがある場合に、裁判所が認めた再生計画に基づき、債務額を大きく減額した上で原則3年間で分割して債権者に返済する。自宅を残すことができるケースもある。

  • 住宅ローンの延滞と競売(2009年06月03日 朝刊)

    返済が滞ると、民間金融機関の場合は3カ月、住宅金融支援機構でも半年たてば担保物件を売却して資金回収に入るとされる。最近は景気悪化や地価下落で、買い手がつかない物件が多く、投げ売り覚悟で裁判所の競売を利用する金融機関が増えた。競売が始まると半年〜1年で売却先が決まるが、不動産業者による売買よりも金融機関の回収額は低くなることが一般的で自己破産を迫られる借り手もでる。

最新ニュース

写真・図版

「恩恵大きすぎた」黒門市場の嘆き 訪日客の姿消え1年(2021/1/21)会員記事

 訪日客の姿が消えて1年近く。消費の恩恵を大きく受けてきた大阪では、終わりの見えないコロナ禍に耐えきれず、店をたたむ業者も相次いでいる。 「これまでの恩恵が大きすぎた。すべての店が今も大ピンチのままだ…[続きを読む]

自己破産をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ