メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党総裁選

2020年9月8日告示、9月14日投開票

安倍晋三首相の辞任表明を受けた自民党総裁選は、次の首相を選ぶことに事実上つながります。出馬を表明した3氏の動きを紹介します。

最新ニュース

候補者の発言や地方の動きをタイムラインで

写真・図版

【詳報】菅総裁「官房長官の時代は乱暴な発言したが…」会員記事 (2020/9/14)

安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選。14日午後の両院議員総会で、新総裁が選出されました。国会議員票と地方票の開票状況や、候補者ら政治家の発言を速報します。■聞きたかった政策論争、選出の正統性に疑問符[寸評=鶴岡正寛記者] 菅義偉氏は総裁…[続きを読む]

【動画】2020総裁選、争う3氏の人物像とポイントは

3氏が争う自民党総裁選。それぞれの主張は。「簡易型」選挙の影響は。

候補者のプロフィール

無派閥菅義偉氏(71)

 秋田県の農家の長男として生まれ、高校卒業後、就職で上京。町工場で住み込みで働きながら大学を卒業した。議員秘書から横浜市議を経て、1996年の衆院選で47歳で初当選。
 安倍晋三氏の側近として知られ、第1次安倍内閣で総務相を務め、2012年の安倍氏の「再登板」も支える。第2次安倍政権の発足以来、7年8カ月にわたり官房長官として政権中枢を担ってきた。当選8回。

岸田派岸田文雄氏(63)

 東京都渋谷区生まれ。衆院議員の父の秘書を経て、1993年の衆院選で35歳で初当選。安倍晋三首相とは当選同期で、2007年に第1次安倍内閣で沖縄・北方相として初入閣した。
 12年に政界引退を表明した古賀誠氏から自民党の名門派閥「宏池会」を引き継ぎ、第2次安倍内閣では4年7カ月にわたり外相を務めた。その後は党政調会長として安倍氏を支えてきた。当選9回。

石破派石破茂氏(63)

 鳥取県知事も務めた参院議員の長男として生まれ、大学卒業後は旧三井銀行に入行。田中角栄元首相の勧めで政界を志し、1986年の衆院選で29歳で初当選。政治改革をめぐり93年に自民党を離党、新生党や新進党を経て97年に復党した。
 2002年に小泉内閣の防衛庁長官として初入閣。12年の党総裁選で第1回投票で首位に立つも、決選投票で安倍晋三氏に逆転され、首相の座を逃した。第2次安倍内閣で幹事長、地方創生相を歴任したが、15年に石破派を立ち上げ、16年には閣外に去り、安倍政権と距離を置いてきた。当選11回。

アーカイブ動画で候補者の会見

特集

ニュース一覧

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】教育に役立つゲーム

    マインクラフトの魅力とは

  • 写真

    【&TRAVEL】有珠山、この階段を下る恐怖

    あの街の素顔

  • 写真

    【&TRAVEL】信長を支え、救った国吉城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】コンパクトながら「大きい」

    キャンピングカーの新星!

  • 写真

    【&w】これぞ王道メロンパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    江國香織の代表作を超解釈

  • 写真

    論座ベーッシクインカムの議論を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン自慢の手土産#53

    縁起のよい「和栗の慶希」

  • 写真

    T JAPAN新型Eクラス、その革新性

    日本初のARナビを搭載

  • 写真

    GLOBE+米「北朝鮮攻撃計画」の中身

    米記者の新著『怒り』で注目

  • 写真

    sippo野良の子猫、ついに家の子に

    名付け親はあの「猫師匠」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ