メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党

関連キーワード

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

  • 自民党(2008年09月11日 朝刊)

    同党は毎年、12月末を締め切りに党員を集めている。党費は年4千円。昨年は約110万人で、前年より約9万人減。最も多かった91年(約547万人)の約2割で、党員数は98年から10年続けて減っている。党組織本部長の坂本剛二衆院議員が減少の主な理由に挙げるのは、参院比例区の制度が01年、候補者の名簿順位を事前に決めない非拘束名簿方式に変わったことだ。名簿上位に名前を載せるため大量の党員を集める必要がなくなった。さらに、公共事業削減で建設業界の党員が減り続けるなど党の政策への反発もあるとみられる。

  • 自民党と民主党(2008年09月07日 朝刊)

    96年9月の旧民主党結党以来、衆右参院各4回ずつの国政選挙が行われた。その間、民主党が衆参両院で徐々に議席を増やしてきた。だが05年9月の衆院選で自民党が歴史的大勝を収め、公明党と合わせ定数の3分の2を超える巨大与党に。一方、07年7月の参院選では、民主党が非改選分と合わせて109議席を占め第1党に。自民党は公明党と合わせても参院で過半数を割り込み、「ねじれ国会」状態が出現した。このまま「ねじれ」が続くのか、解消されるのか。近づく衆院選が注目される。

最新ニュース

「安倍改憲」の本当の問題とは(2018/10/19)

キーワードは「必要な自衛の措置」 「立憲的改憲論に批判的な人たちへ」、「リベラル再生宣言」で、立憲的改憲論のコンセプトやそれへの批判的言説について論じた。「安倍改憲は阻止したいけど立憲的改憲論には批判…[続きを読む]

自民党をコトバンクで調べる

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】これなら糖質制限できるかも!

    食欲の秋に待望の炊飯器登場

  • 写真

    【&TRAVEL】秋から冬の北海道を楽しもう

    航空運賃値下げで復興支援

  • 写真

    【&M】WEC富士6時間耐久レース

    写真で振り返る

  • 写真

    【&w】東京と新潟を結ぶ自由空間

    清澄白河の個性派ブックカフェ

  • 写真

    好書好日村上虹郎、春樹短編への思い

    映画「ハナレイ・ベイ」に出演

  • 写真

    WEBRONZA人間としての官僚論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    魚介にも合う赤ワイン

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    ヘルシーな台湾スイーツ・豆花

  • 写真

    GLOBE+忙しすぎて風邪も引けない

    シリコンバレーの働く母事情

  • 写真

    sippo山の中で育った「山犬」

    少しずつ家族にとけ込んでいく

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ