メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自然エネルギー

関連キーワード

  • 自然エネルギー(2014年02月16日 朝刊)

    風力や地熱、太陽光など発電に使える資源で、再生可能エネルギーとも呼ばれる。自然エネで発電した電気を電力会社が一定価格で15〜20年間買い取る「固定価格買い取り制度」が2012年に始まり、広がった。まだ国内の全発電量の1割に満たない。原発が1カ所で大量に発電する「一極集中型」なのに対し、各地で生かせる「分散型」のエネルギー源として自治体が注目する。

  • 自然エネルギーの固定価格買い取り制度(2012年07月02日 朝刊)

    自然エネルギーで発電した電気を全量、固定価格で買い取る。買い取り額は太陽光が1キロワット時当たり42円(出力10キロワット以上)、風力が23・1円(同20キロワット以上)、地熱が27・3円(同1・5万キロワット以上)などとされた。買い取り費用は電気利用者への賦課金で賄われ、1キロワット時当たり0・22円が電気料金に上乗せされる。1カ月で300キロワット時の電気を使う平均的な家庭で66円の上乗せとなり、既存の太陽光発電買い取り制度の上乗せ分を加えると、東京電力管内で84円、中部電力管内で99円が上乗せとなる。

  • グリーン電力証書(2009年10月29日 朝刊)

    原子力や火力で発電しても、自然エネルギーから得た電力でも、電力としての価値に差はない。だが自然エネルギーは発電時に二酸化炭素の排出が少なく、地球温暖化につながりにくい。こんな環境面の価値を生かそうと、第三者機関「グリーンエネルギー認証センター」が自然エネルギーの発電者を認証。証書を購入すれば、消費電力の中からその分だけ自然エネルギーを使ったとみなせる。公表も出来る。身近な環境貢献策で、二酸化炭素の排出量取引と似ている。

最新ニュース

コクーンシティ 涼を感じるエコ体験「さいたま打ち水大作戦2018」7月21日(土)開催!(2018/7/19)

リリース発行企業:片倉工業株式会社片倉工業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐野公哉、東証一部)は、JRさいたま新都心駅前コクーンシティ(さいたま市大宮区)におきまして、2018年7月21…[続きを読む]

写真

  • 石徹白について語る渡辺智史監督(左)と平野彰秀さん=岐阜市橋本町1丁目
  • 南茨木駅前に立つサン・チャイルドのうちの1体。視線は福島を向いている=大阪府茨木市
  • IGCCの建設が進む東京電力広野火力発電所=福島県広野町
  • 「しんきん成年後見サポート」理事長を務める吉原毅・城南信用金庫顧問
  • ホテル「レイクサイド磐光」の前に立つ春名秀樹さん=6月、福島県猪苗代町
  • maneoマーケットの投資募集サイト画面
  • 菅野敬さん(右端)の自宅を訪れた椛澤博一支店長(左端)=6月5日、福島県飯舘村
  • 細野豪志氏
!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】オフラインでも使えて安心

    英・中・韓に対応の音声翻訳機

  • 写真

    【&TRAVEL】蕗谷虹児ゆかりの城下町

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&M】親子の絆を深める5つの絵本

    想像力と創造性が高まる!

  • 写真

    【&w】私が知らない妹の20年間

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日和洋折衷の痛快アクション

    「BLEACH」佐藤信介監督

  • 写真

    WEBRONZA民主主義を重視しない若者たち

    民主主義とのディスコネクト

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    日々の食事を楽しめるワイン

  • 写真

    T JAPANG・マッタ=クラーク回顧展

    彼が空き家を二つに切った理由

  • 写真

    GLOBE+世界はどこに向かうのか

    朝日地球会議インタビュー

  • 写真

    sippo繁殖業者が手放した白い犬

    「もう産めないから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ