メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自由貿易協定

関連キーワード

  • 自由貿易協定(FTA)(2010年12月05日 朝刊)

    特定の国や地域との間で、貿易の関税やサービスのやり取りの障壁を原則としてなくす取り決め。貿易拡大で経済成長が期待できる一方、安い輸入品が入り、打撃を受ける産業分野も出てくる。FTAを柱に労働者の移動の自由や知的財産、投資保護のルールにまで対象を広げるのが経済連携協定(EPA)だ。一方、「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」は多国間の交渉で、「例外なき関税撤廃」が原則。二国間交渉のために一部品目を関税撤廃の対象外にするなど柔軟に対応できるFTAなどと比べ、ハードルが高い。

  • 北米自由貿易協定(NAFTA)(2017年08月24日 朝刊)

    米国、カナダ、メキシコの3カ国の間で1994年に発効した自由貿易協定。北米産品の関税は発効直後に大部分を撤廃した。協定は22章からなり、域内の部品を一定割合使った製品を非関税にする「原産地規則」や、加盟国同士の紛争解決の枠組みなどをつくった。3カ国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)は「NAFTAの再交渉版」と呼ばれたが、トランプ政権は発足直後にTPP離脱を表明。3カ国は8月にNAFTAの再交渉を始め、早ければ年内の合意をめざす。

  • 北米自由貿易協定(NAFTA)(2017年08月24日 朝刊)

    米国、カナダ、メキシコの3カ国の間で1994年に発効した自由貿易協定。北米産品の関税は発効直後に大部分を撤廃した。協定は22章からなり、域内の部品を一定割合使った製品を非関税にする「原産地規則」や、加盟国同士の紛争解決の枠組みなどをつくった。3カ国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)は「NAFTAの再交渉版」と呼ばれたが、トランプ政権は発足直後にTPP離脱を表明。3カ国は8月にNAFTAの再交渉を始め、早ければ年内の合意をめざす。

最新ニュース

写真・図版

バイデン米大統領、なぜいま中東訪問? ロシアがウクライナ侵攻の中(2022/7/12)

 バイデン米大統領が13~16日、就任後初めての中東外遊でイスラエル、パレスチナ、サウジアラビアを歴訪する。サウジ人記者殺害事件をめぐって関係が悪化したサウジの皇太子とどう向き合うのかが焦点だ。トラン…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】立佞武多と太宰治の五所川原

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&w】ヒールと口紅を欠かさない母

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】寝ても覚めてもトロピカル

    クルーズへの招待状 ハワイ

  • 写真

    【&M】トンカ豆のビシソワーズ

    「好き」の先にある新たな出会い

  • 写真

    【&w】“美術館”のあかりをおうちで

    スマート照明プレゼント<PR>

  • 写真

    好書好日「カリブ海の天国」なのか

    ホンジュラスの光と影

  • 写真

    論座カルトの献金強要と既成宗教

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンガーデンガストロノミー開催 

    メゾンが提案する価値の本質

  • 写真

    Aging Gracefully“最高の眠り”を求めて

    睡眠の質を向上するアイテム

  • 写真

    GLOBE+眉毛整えもブラ着用も禁止

    子どもを管理対象とみなす日本

  • 写真

    sippo24年ぶりの猫との暮らし

    仲良しの白黒猫2匹を迎えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ