メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自給率

関連キーワード

  • 食糧自給率(2010年08月08日 朝刊)

    農林水産省によると、日本の食糧自給率(カロリーベース)は、公表を始めた1960年度の79%をピークに下落傾向で、08年度は先進国では最低水準の41%に。コメ(95%)や野菜(82%)は高めだが、肉類56%、魚介類53%、果実41%と低く、豆類は9%にすぎない。都道府県別では、愛知が13%で全国42位、岐阜が26%で35位、三重が43%で26位。

  • 食料自給率目標(2009年03月23日 朝刊)

    1965年度に7割あった食料自給率(カロリーベース)は00年度以降、ほぼ40%で低迷している。国は00年の基本計画で2010年度に自給率を45%に上げる目標を設定したが、05年の新計画では目標を15年度に先送りした。

  • 日本の木材自給率(2010年01月05日 夕刊)

    日本では戦後の復興期にスギやヒノキが盛んに植林されたが、1964年の木材輸入完全自由化に伴い、安い輸入木材の利用が拡大。55年に9割を超えていた木材自給率は、今では2割ほどだ。植林後は適切な間伐など多くの手間がかかる上、日本の森林は急傾斜地が多く、作業コストもかさむ。需要の低下で林業者の廃業が相次ぎ、森林が手入れされずに荒れるという悪循環が問題となっている。

最新ニュース

写真・図版

「倍返し」がアフリカを救う 日本が主導、救世主ネリカ(2019/8/16)有料記事

 アフリカの人口が急速に増え続けている。約13億人の現在の人口は30年後には倍増する見通しだ。だが、人口増に食糧生産は追いついていない。食糧増産は喫緊の課題で、その切り札に期待されているのが、コメだ。…[続きを読む]

自給率をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ