メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自衛隊員

最新ニュース

写真・図版

和歌山)緊急車両のため道路確保を急げ 整備局など訓練(2018/10/15)

 すさみ町周参見の紀勢自動車道すさみ防災基地では、地震・津波の直後に緊急車両の救援ルートを確保するための訓練があり、近畿地方整備局、陸上自衛隊、紀南建設業協同組合などから54人が参加した。 強い揺れと…[続きを読む]

関連キーワード

  • 海上自衛隊の海賊対策(2010年06月13日 朝刊)

    防衛省は海賊対策として、海自の護衛艦2隻をソマリア沖・アデン湾へ派遣。昨年3月30日から護衛活動を続けている。護衛艦部隊は約400人で編成されている。4カ月前後で交代しており、現在、第5次隊が派遣されている。このほかに、昨年6月からはP3C哨戒機2機もソマリアの隣国ジブチを拠点に、アデン湾を上空から監視している。約100人で編成され、現在は4次隊が担当。ジブチでの機体警備のため、陸上自衛隊員約50人も派遣されている。5月末までに計233回飛行し、海自の護衛艦や民間商船などに約1850回にわたって海上の船舶の情報などを提供してきた。

  • 空自のイラク空輸支援活動(2010年07月03日 朝刊)

    活動を「非戦闘地域」に限定したイラク復興支援特別措置法を根拠に、2004年1月〜08年12月、輸送機3機と延べ3500人が派遣された。防衛省によると、運航日数は821日、輸送人数は延べ4万6479人、うち米軍兵士の輸送は延べ2万3727人。クウェートやイラクの3都市を結び、06年7月までは、イラク南部で活動した陸上自衛隊員や支援物資も運んだ。派遣差し止め訴訟は全国の市民が11地裁に提訴し、名古屋高裁のみが違憲判断を示した(確定)。当時の福田康夫首相は、違憲判断は拘束力を持たない「傍論」として派遣を続けた。

  • 三島事件(2012年06月23日 朝刊)

    1970年11月25日、作家の三島由紀夫が自ら主宰する「楯の会」の若者と、自衛隊市ケ谷駐屯地に乗り込み、自衛隊員に憲法改正のための決起を呼びかけたあと、割腹自殺した事件。隊員1人も割腹自殺した。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】音量絞っても音がリッチ!

    人気のBT&重低音モデル

  • 写真

    【&TRAVEL】中田英寿 福島を旅する

    有機栽培の米作り〈PR〉

  • 写真

    【&M】男は女におごる「べき」

    そう考えていたつまらぬ理由

  • 写真

    【&w】江ノ電眺めながらジェラート

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日「人形メディア学」って何?

    早稲田大の大人気講義が本に

  • 写真

    WEBRONZA遠心化する安倍政権

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジングランドセイコーの新作時計

    王道かつ究極のクオーツ<PR>

  • 写真

    T JAPAN日本映画の顔を悼む2作が公開

    樹木希林さん、大杉漣さん追悼

  • 写真

    GLOBE+なぜ私は紛争地に行くのか

    MSF看護師、白川優子さん

  • 写真

    sippo猫の最期にはサインがある

    腕の中で静かに見送るために

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ