メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

興福寺

写真・図版

奈良)法相宗ゆかりの高僧の絵、柱に 興福寺で開眼法要(2018/5/26)

興福寺(奈良市)が300年ぶりに再建を進める中金堂内の中心…[続きを読む]

興福寺の「運慶」、特別展は閉幕

夕刊連載・運慶展の見どころ紹介

夕刊連載「運慶をたどって」

興福寺ゆかりの文化財

奈良の新名物?

関連キーワード

  • 興福寺(2015年12月19日 朝刊)

    669年、藤原鎌足夫人の鏡女王(かがみのおおきみ)が今の京都府南部に建てた山階寺が起源とされる。平城遷都とともに藤原不比等(ふひと)が今の場所に建てた。奈良時代に伽藍(がらん)がほぼ完成=図。南円堂は813年にできた。その後、規模を広げ、最盛期は170あまりの建物があったといわれる。幾度も火災に遭い、再建を繰り返した。1998年に境内の整備構想をまとめ、本格的な調査に着手。中金堂は3年後の完成に向けて再建が進む。

  • 徳一(2015年11月11日 朝刊)

    749年ごろ〜没年不詳。藤原仲麻呂(恵美押硝の子との説もある。東大寺や興福寺で学び、若くして修行の地を求め東国へ。806年の磐梯山の噴火後、ふもとに慧日寺(現・恵日寺)を開くなど、会津に仏教文化を根付かせた。

  • 東金堂(2010年10月07日 夕刊)

    興福寺境内の東にある金堂で国宝。726(神亀3)年に聖武天皇が伯母の元正(げんしょう)太上天皇の病気全快を祈って建てられた。5回にわたる焼失、再建を繰り返し、現在のお堂は室町時代の1415(応永22)年に建てられた。創建当初は、床に緑色のタイルが敷かれて、薬師如来の浄瑠璃光世界が表されていた。

ニュース一覧

注目コンテンツ