メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

興行収入

関連キーワード

  • 映画太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男(2011年12月07日 夕刊)

    2月公開、東宝。1944年7月、サイパン島で米軍に追い詰められた日本軍は玉砕の突撃に出る。一命を取り留めた大場栄・陸軍大尉は生きることを決意。他の生存兵や民間人と粘り強く抗戦し、米軍すら敬意を抱いた姿を描く。実話に基づく作品。竹野内豊さん主演、興行収入15.6億円(10月末現在)。

  • ソニーへのサイバー攻撃(2015年01月04日 朝刊)

    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺を描いた映画「TheInterview」を制作したSPEに対して、サーバーのダウンや有名俳優の個人情報の大量漏出などにつながる大規模なサイバー攻撃が仕掛けられたことが、昨年11月に判明。劇場へのテロ予告も出て一時は公開中止に追い込まれたが、オバマ大統領が「検閲社会を許してはいけない」と訴えて風向きが変わった。米独立系331館が公開に踏みきり、初日の興行収入は100万ドル(約1・2億円)を超えた。

  • 君の名は。(2016年12月20日 朝刊)

    新海誠監督作品。東宝配給で8月26日公開。邦画の興行収入で歴代2位の大ヒットに(12月中旬時点で)。架空の田舎町「糸守町」に住む女子高校生の三葉(みつは)と東京の男子高校生・瀧(たき)が主人公。糸守町の風景として飛騨市の実在の場所が忠実に描かれている。来年1月7日から2月19日まで、同市美術館で新海監督の絵コンテや企画書など約300点の製作資料を展示した「『君の名は。』展」が開かれる。

最新ニュース

写真・図版

小説も映画も鬼滅が柱 年間1・2・4位席巻/興収275億円、歴代2位に(2020/12/1)会員記事

 出版取次大手の日本出版販売は1日、2020年の年間ベストセラー(コミックや文庫などを除く)を発表した。1位は週刊少年ジャンプに連載された人気漫画のノベライズ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば) しあわせの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&M】BTSは「壁」を乗り越えた

    注目のグラミー賞ノミネートは

  • 写真

    【&TRAVEL】眺めて味わって幸せデザート

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】世界の頂点に2度立った 

    伊勢角屋麦酒ペールエール

  • 写真

    【&w】違う生き方に触れたくなる

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「ゆるスポーツ」で社会変革

    コピーライター澤田智洋さん

  • 写真

    論座東京オリパラの行方は不透明

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオメガと007とのヒストリー

    歴代モデルを振り返る。

  • 写真

    T JAPAN巨匠写真家ニュートンの素顔

    女性の視点から描く

  • 写真

    GLOBE+清掃員が村長に当選

    選挙が映し出す「深刻な問題」

  • 写真

    sippo保護犬と暮らしたい

    …待ち続け、ついに出会えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ