メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

芥川賞

最新ニュース

写真・図版

演劇ホールの存廃、市が住民にアンケート コスト面強調に疑問の声も(2021/9/25)会員記事

 兵庫県伊丹市が今後のあり方を検討している市立演劇ホール「アイホール」について、市がアンケートを始めた。無作為に選ばれた18歳以上の市民3千人にはがきが送られているが、その内容に市民や関係者から疑問の…[続きを読む]

関連キーワード

  • 野呂(本名・納所〈のうしょ)邦暢(2010年11月03日 朝刊)

    長崎市生まれ。原爆投下直前の1945年2月に諫早市に移り、56年に諫早高校を卒業。京大文学部の受験に失敗し、東京で多くの職業に就いた。57年から1年間、自衛隊に入隊した後、諫早に戻って家庭教師などをしながら文学を志した。「或(あ)る男の故郷」(65年)で文学界新人賞佳作。芥川賞には4度ノミネートされ、「草のつるぎ」(74年)で第70回芥川賞を射止めた。代表作の「諫早菖蒲(しょうぶ)日記」は76年に発表。心筋梗塞(こうそく)のため市内の自宅で死去した。

  • 遠藤周作(2011年09月30日 朝刊)

    日本人にとってのキリスト教の意味を問い続けた芥川賞作家。55年「白い人」で同賞受賞。代表作に日本人の罪の意識を追究した「海と毒薬」、禁教下の背教者の苦悩を描いた「沈黙」など。原爆を取り上げた「女の一生」を朝日新聞で連載。95年に文化勲章を受章。元日本ペンクラブ会長。

  • 小説月山(2014年08月10日 朝刊)

    22歳で小説「酩酊(よいどれ)船」を発表し文壇デビューした森敦が、40年間の沈黙を破って1973年に発表。翌年1月、当時最高齢の61歳で第70回芥川賞を受賞した。受賞後、注連寺には小説の石碑が建てられ、森を囲んで全国のファンが文学を語り合う「月山祭」も開かれた。直筆原稿は今年5月、森が生前に「はってでも行く」と語っていた注連寺がある鶴岡市に遺族から寄贈された。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】現代美術家を虜に!

    NY「2番街」の注目文化施設6選

  • 写真

    【&Travel】息災願う祭りや風習〈PR〉

    ゆるりはんなり 京都の特等席

  • 写真

    【&Travel】木造駅舎のノスタルジア

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】阿部寛が映画で新境地

    『護られなかった者たちへ』

  • 写真

    【&w】ワインやバニラの香り

    “とろける”バゲットの威力

  • 写真

    好書好日奈緒が語る「君は永遠に…」

    「一人じゃない」伝える作品

  • 写真

    論座中国取材の裏の裏

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま見たい海外ドラマ!

    これがオーケストラの真実!?

  • 写真

    Aging Gracefully黒谷友香さんの美脚の秘訣

    素敵に年齢を重ねる体のケア

  • 写真

    GLOBE+暴君ネロ…実は名君だった?

    古代の落書きが示す別の顔

  • 写真

    sippo家に通う野良猫がけが

    夫婦は家族に迎えることを決断

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ