メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

花粉症

関連キーワード

  • 花粉症(2017年03月01日 朝刊)

    体内に入った花粉を異物と認識して抗体を作る「免疫反応」が過剰になって起こるアレルギー疾患。花粉を体外に出そうとして、くしゃみや鼻水、涙などの症状が出る。最も多いのはスギ花粉症で、2008年に実施された全国的な調査では、スギ花粉症の有病率は26.5%。子どもも発症し、5〜9歳で13.7%、10〜19歳では31.4%だった。春に多いスギやヒノキのほか、春から初秋にかけてはカモガヤなどのイネ科、夏から秋にかけてブタクサやヨモギなどキク科の花粉が原因となる場合もある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

PR情報

最新ニュース

写真・図版

(ReライフPROJECT)新型コロナ・ワクチン Q&A、読者の「知りたい」に応えたい(2022/6/2)

 ■Reライフ 人生充実 Reライフ.netは、アンチエイジングや腸活など、様々な健康情報を発信しています。そのなかで、この1年余り、読まれ続けている企画が、新型コロナウイルスとワクチンに関する連載で…[続きを読む]

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】セカンドライフはまた東京で

    東京の台所2

  • 写真

    【&M】シンプルな「8ナンバー」

    ホビクル・オーバーランダーⅣ

  • 写真

    【&Travel】レトロ銭湯再生、挑む若者

    ニッポン銭湯風土記 京都

  • 写真

    【&M】ふわとろはどっち?

    国産うなぎ愛知と九州<PR>

  • 写真

    【&w】「嫌なことは嫌だと言っていい」

    性教育YouTuberシオリーヌさん<PR>

  • 写真

    好書好日メイクがなんとなく変……

    垢抜けるちょっとの知識紹介

  • 写真

    論座米連邦最高裁の“決断”

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンさまざまな状況下で活躍する

    ヨークのスニーカー

  • 写真

    Aging GracefullySHOW-YA寺田恵子さん

    「いま」と、これまでの歩み

  • 写真

    GLOBE+耳元で自動翻訳できる補聴器

    インテル元副社長の発明

  • 写真

    sippo老犬の看取りボランティア

    互いに高めあえる関係に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ