メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

芸術家

関連キーワード

  • 小豆島芸術家村事業(2012年08月16日 朝刊)

    県と土庄、小豆島両町が2009年に始めた。春、秋の年2回、2、3人の若手芸術家を小豆島に招いて約4カ月間、滞在して創作してもらう。県などは生活費や制作費を芸術家に支給し、休校の学校施設などをアトリエ、宿舎として無償提供する。芸術家と地域住民との交流や作品の展示で島の活性化をめざす。芸術家を住まわせて創作させる手法は「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」と呼ばれ、全国各地に広がっている。

  • 新進芸術家海外研修制度(2017年01月31日 夕刊)

    美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の七つの分野が対象。海外で「実践的な研修」を受けることを支援するため、渡航費と日当、宿泊料などを支給する。研修先やビザは、基本的に自分で確保する。期間は短期(20〜40日)から3年まで種類がある。毎年公募があり、外部の審査員が選考する。期間中、定期的に活動内容を報告する必要がある。

  • 池袋モンパルナス(2009年04月30日 朝刊)

    昭和初期、東京都豊島区池袋周辺に若い芸術家が集まり、アトリエ付きの貸家が立ち並んだ。芸術家が集まっていたパリのモンパルナス地区にちなみ、詩人の小熊秀雄が名付けたとされる。

最新ニュース

写真・図版

「ロシアよ、お前は狂気をつくっている」 76歳反戦画家、魂の叫び(2022/7/7)

 ロシア第2の都市サンクトペテルブルクに、反戦の絵を描き続け、路上や集会で掲げている高齢の画家がいる。持病を抱えながら、プーチン政権のウクライナ侵攻に憤り、絵筆を握り続ける。その作品には、どんな思いが…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】「東洋のドーバー」白い断崖

    楽園ビーチ探訪 北海道

  • 写真

    【&w】親友へ25年の感謝を込めて

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】京の旅、スパイスで体目覚め

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】手塚治虫文化賞選考の裏側

    朝日新聞記者が見た熱い議論

  • 写真

    【&w】30代女性に刺さるマンガ家

    宇垣美里さんに聞く

  • 写真

    好書好日女性たちの「平成30年史」

    山内マリコ「一心同体だった」

  • 写真

    論座「気候クラブ」議論に関与を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・塩野瑛久を魅了する物

    パールの魅力に惹かれる

  • 写真

    Aging Gracefully内田有紀さんインタビュー

    日々大切にしていることとは

  • 写真

    GLOBE+外国語のスピーキング

    速度を上げる練習法を教えます

  • 写真

    sippo通院すると食が細る愛猫

    突然の発作で選んだのは往診

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ