メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

草の根

関連キーワード

  • ティーパーティー(茶会)(2013年10月06日 朝刊)

    09年のオバマ政権発足直後から始まった保守派の草の根市民運動。米独立の過程で、英国の重税に立ち向かった「ボストン茶会事件」(1773年)にちなみ名付けられた。「小さな政府」を志向し、オバマ大統領の経済政策や医療保険制度改革への批判を通じて急速に広がった。

  • ムスリム同胞団(2012年08月21日 朝刊)

    イスラム教に基づく社会政治組織。1928年にエジプトでハサン・バンナー氏が創設した。「イスラムこそ解決」という標語を掲げ、草の根的な社会活動を展開する一方、選挙を通じて政治に参加し、理想のイスラム社会の建設を目指す。教師や医師、技師など非宗教者が活動を担っているのが特徴。

  • 松下竜一(2012年07月03日 朝刊)

    1937年、大分県中津市生まれ。高校卒業後、家業の豆腐屋を継ぎ、貧しい日々をつづった「豆腐屋の四季」でデビュー。70年に豆腐屋をやめ、反公害、反原発の運動を始めた。運動の機関誌「草の根通信」を発行し、約50冊の著作を残した。

最新ニュース

移民をチーム日本に迎えるには(2019/5/22)

 本特集の主題は4月に施行された改正入管法を機に「移民(外国人)をどう受け入れるか」を考えることだという説明を受けたが、あえて19年前(2000年)の雑誌記事の比較から話を始めたい。今の盛り上がりぶり…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ