メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

草津市

関連キーワード

  • くさつ夢風車(2009年06月13日 朝刊)

    01年7月、草津市が「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助を受け、事業費約3億円で設置した。ドイツ・フゼランダ社製で、直径70メートルの羽根が3〜6秒で1回転する。定格出力1500キロワットで、風車の向きや羽根の角度を自動的にかえる。市は発電した電気を足元の市立水生植物公園みずの森で使い、余った分を関西電力に売却している。年間300万〜500万円ほどの収入がある。

  • 一時預かり保育無料クーポン配布事業(2011年02月08日 朝刊)

    母親の育児不安を解消し虐待防止につなげようと、生後1歳半までの乳幼児のいる保護者に無料券を配る県の新事業。当初、利用料の半額など一部を市町側の負担とする意向だったが、大津市、草津市などが事業への不参加を表明するなど反発が強く、利用料については県の全額負担、人件費についても各市町に強制しない方針に切り替えた。

  • 日本語教室虹(2015年01月30日 朝刊)

    外国人労働者らを保護者に持つ子どもの就学につなげようと、国の補助を受けて2009年に始まった。2012年からはNPO法人「外国籍住民自立就労協会」(草津市)が運営してきた。草津、近江八幡など県内の4教室で、6〜18歳の子を毎年40〜50人受け入れ、「卒業生」は3年間で約150人。平日の2〜5時間、授業料無料で勉強を支援し、約半数が公立小中学校や高校に進学した。補助の削減で、年2千万円の運営費が工面できなくなるという。

最新ニュース

写真・図版

滋賀)雨のなか熱狂 11年目のイナズマ開幕(2019/9/22)有料記事

 滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場で21日、「イナズマロックフェス2019」が始まった。県出身のミュージシャン西川貴教さんが手がける大型野外企画で今年で11回目。22日まで、様々な人気アーティストらが登…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ