メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

荒尾市

関連キーワード

  • 与論島民の三池移住(2010年04月06日 朝刊)

    1898(明治31)年の猛烈な台風の後、与論島は飢えに襲われた。翌年から当時の村長ら約750人が港湾労働者の募集に応じて島を出た。まず、三池炭鉱で採れた石炭の積み出し港だった長崎県島原半島の口之津へ移住。1908年に三池港ができると、2年後から大牟田市や荒尾市へ集団で移った。三池への移住者は数千人と言われる。

  • 荒尾競馬(2011年12月24日 朝刊)

    1928年開設。55年から荒尾市と県が構成する一部事務組合が運営し、総額約91億円の収益金が市と県に分配された。だが、三井三池炭鉱の閉山やレジャーの多様化で98年度以降、赤字経営に転落。97年度に約57万人いた客は2010年度に約8万人にまで減少。売り上げもピーク時の約159億円(92年度)が約49億円(10年度)に落ち込み、10年度末時点の累積赤字は約13億6千万円に上っていた。

  • ホークスのファーム本拠地移転(2013年09月26日 朝刊)

    フゼム(2、3軍)の現在の本拠地は福岡市東区の「雁の巣球場」。2011年に3軍を導入し、球場の敷地が手狭になったことや、施設の老朽化が進んでいることなどを理由に移転を決めた。自治体を対象に8月から移転先の募集を開始。県内からは荒尾市、八代市、和水町、菊池市が応募した。年内に決定の予定。土地の造成費用は自治体の負担で、施設の整備は球団側の負担になるとみられる。2015年秋の完成、16年からの本格的な使用を目指している。

最新ニュース

写真・図版

大牟田のRDF発電、JFEが継承提案 見えぬ譲渡条件(2020/10/29)

 福岡県などが三セク方式で運営する福岡県大牟田市でのごみ固形化燃料(RDF)発電について、民間企業のJFEエンジニアリング(横浜市)が事業継承を提案していることが分かった。発電所へRDFを搬入する大牟…[続きを読む]

荒尾市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】爆釣! 隠岐のイシダイ

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&TRAVEL】気絶するほど?悩ましい!

    鉄道でユングフラウヨッホへ

  • 写真

    【&M】内戦の古傷を癒やすカレー

    忘れ得ぬタミルの人々と食事

  • 写真

    【&w】一日中太陽を感じられる家に

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日真実は知りたいけど、怖い

    映画「罪の声」市川実日子さん

  • 写真

    論座トランプ再選の可能性は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいい歌詞とは何なのか?

    心に響きつづける応援歌

  • 写真

    T JAPAN森に溶け込むシンプルな家

    北欧の建築家夫妻の別荘

  • 写真

    GLOBE+スーパーシティの内実を暴く

    監視資本主義とはなにか

  • 写真

    sippo何も知らない元繁殖犬

    9歳のゴールデンを迎え、しつけ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ