メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

著作権者

関連キーワード

  • 音楽著作権(2008年11月04日 夕刊)

    知的財産権の一つで、著作者が、無断で楽曲が利用されるのを禁止できる権利。他人に譲渡できる。著作権者は利用を許可する代わりに使用料を徴収できる。作詞・作曲家は通常、煩雑な権利の管理や利用促進のため、音楽出版社などとの間で使用料の取り分を定めたうえで、著作権を譲渡している。

  • グーグルへの集団訴訟(2009年05月29日 朝刊)

    米グーグル社は米国の大学図書館に世界各国から集められた蔵書など計700万冊以上をデジタル化し、書籍全文を対象とした検索ができるサービスを展開してきた。全米作家協会など米国の著作権者は05年、許可のないデジタル化で著作権を侵害されたと、米国で集団訴訟を起こした。この集団訴訟は、同じ利害のある人たちを原告が代表して提訴している。日本にない形態で、今回は原告が世界中の権利者らを代表することになる。和解案はすでにグーグルと原告が合意しているが、裁判所の最終承認を受けていない。最終承認には裁判所が集団訴訟を公正なものと判断する必要があり、訴訟に参加する原告の数も判断基準の一つだという。

  • グーグル書籍検索和解問題(2009年09月01日 夕刊)

    08年10月に合意した和解案は(1)グーグルは「絶版」と認定した書籍をデジタル化し、利用できる(2)無許可でデジタル化した著作物1点あたり60ドル(約5600円)を著作権者に支払う(3)データ利用収入の63%を著作権者に支払う(4)この収入分配のための第三者機関を設置し、グーグルはその費用3450万ドル(約32億円)を支払う、などが柱。この訴訟は同様の利害関係者にも効力が及ぶ「集団訴訟」で、加えて著作権の国際条約「ベルヌ条約」などにより、和解の影響は世界の200を超える国・地域に広がることになった。

最新ニュース

写真・図版

著作権者不明でも利用可 管理団体へ一元化 文化庁(2021/7/26)会員記事

 一般ユーザーが制作した動画・楽曲や、過去のテレビ番組などを活用しやすくし、コンテンツ流通を拡大するための新しい仕組み作りに文化庁が乗り出す。著作権処理を一元化し、著作権者が不明でも著作権を管理する団…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ